※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

まぁつまり映画アローの骨子。あのネタは設定に入れたい。なので以下ネタばれ。

 天才のひらめきから、ひとつの驚異的な技術がうまれる。
 天才の技術は、それを活かす環境=企業の中で育まれ、幾つかのオーバーテクノロジーが試作される。
 が、今までにない発想からの試作であったために、開発期間や費用が膨張し、政府の攻撃対象となる。
 開発期間の延長は、そのまま、次の兵器=ミサイルの台頭による兵器価値の減少になり、費用の圧迫も相まって、試作機は、製造中止に追いやられる。
 これに反発した企業幹部が、自社を丸ごと解散。大量の失業者発生により政府の考え直しを迫ったが、政府は、これに対し、技術の他国への漏洩を懸念。(ミサイル)の性能をあてに、企業が開発したすべての資産を破棄してしまい、ロストテクノロジーとなる。

 アローでは、50年前開発されたアロー号の性能は、F18を上回っているとか。
 解散した開発チームは、まぁ当然NASAとかに散ったのだけれど、地元に残ってトースターとかを造っている技術者がいて、レジスタンスとかに密かに破棄を逃れた試作機を受け渡す、というネタ。
 ユニークユニットのひとつとして紹介する手が吉。