※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

狙撃の際も、ハイドインシャドウが有効なルールに。
狙撃が最も効果を発揮するのは、相手の不意を打ち、部位命中による大ダメージを見込むこと。
また、狙撃後に移動することが鉄則なのも、狙撃手の打たれ弱さから、狙撃手は必ず相手の死角に潜む必要があることが挙げられる。
ただし、移動は隠密行動にはならず、隠密移動を行いたい場合は、特別な専門技能が必要。
また、「狙う」は、最適な機会を狙う意味も含んでおり、相手が静止していない状態でも、コストを払った分だけ命中精度は上がる。