※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

むぅんらいとえきせんとりっく



梨花はおもった、
「この人たちならやれる。
きっと私を出口のない惨劇の迷宮から救い出してくれる。

・・・・・・

はずがないので、熊谷。何とかして。お願いなのです。」

「…。頼む。何も言わないでくれ。泣きたくなる。」



そう、この日は満月。ルナティックな日だった。狂っていた。全てが。



なぜなら。










純白のナース服を着て

前をはだけさせ(下着付き)、

下はふんどしな筋肉トミーと、



冥土姿で、猫耳で、

尻尾付きで、

グラサンなクラウドが



少女趣味な柄の

えくす○りぱぁと

魔法少女な形をした

ぐ○ぐにるを持って



月夜の校舎の屋根の上で月光を背に戦っているのだ。


警官隊は無論、発砲を繰り返していたが、その全てを、
トミーは筋肉で、クラウドは意志力ではじき返していた。

揺れる腹、風にあおられてひらひらとめくれるクラウドのスカート。

そして、パンツはいてないクラウド。

すね毛全開のトミー。躍動する筋肉。揺れる下着。

でも純白ナース服(ボタン閉じてない)。しかもふんどし。


数々の人間が倒れていく。そのあまりのキモい光景にショックでだ。


梨花は思った。


ああ、これが今回の惨劇なんだと。



この惨劇に鷹野も、山犬も散っていった。

もちろん、ショック死だ。



騒ぎを聞いて駆けつけた、
雛見沢の人間が吐血しながら次々とショック死してゆく。



梨花はそんな光景を見ながらさらに思った。


ああ、なんて月が綺麗なんだ。


----------------------------------------------





翌日、何も連絡がこないで、雛見沢分校に警官隊が駆けつけた時には、
すでに、雛見沢の人間たちは全滅していたという。



今だ、校舎の屋根の上で戦い続けている二人を見てしまった、
警官の誰もが途切れていく意識の中こう思った。


たぶん、俺も死ぬんだろうな。ショックで。




後に、この大災害のことは雛見沢大災害という名
で後世までいつまでも語り継がれたという。