※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

以下、お前臭いぞさんによる解説。
(元ソース:http://omaekusee.blog86.fc2.com/blog-category-2.html)


Step1.準備

GMSv55
OdinMSv55とjce
SeanPack 5.9
Extreme Edition
Navicat for MySQL
WampServer
Java SE 6 Update 10 Beta
JDK 6 Update 6
これを全てダウンロードして、インストール又は解凍を行ってください

Step.2 環境変数の編集

次は環境変数の編集をします。
まずマイコンピューターのアイコンを右クリックしてプロパティを開きます。
上にある詳細設定を押して環境変数をクリックします。
すると意味不明なのが出てくると思いますので
Pathを選択し、行の最後に「;C:\Program Files\Java\jdk1.6.0_06\bin」と入れてください。
終わったら閉じて構わないです。
もし、編集を間違えた場合にはシステムの復元をして直してください。


Step.3 OdinMSの移動

先程ダウンロードしたPackフォルダにはOdinMSv55が入っているので
それをGMSの保存先のフォルダに移動させてください。


Step.4 hostsの書き換え

次にC:\WINDOWS\system32\drivers\etcを開いてください
中にhostsがあるのでそれをメモ帳で開いてください
その最後の次の行に「127.0.0.1 login.odinms.de」と書き加えて保存してください。


Step.5 Java弄り

まずC:\Program Files\Javaを開いてください。
すると三つのフォルダがあります。
そのフォルダを左から順番にjdk1.6.0_06 jre1.6.0_06 jre6 とフォルダ名を変えてください。
そしてPackを解凍したときの中に入っている local_policyとUS_export_policyの二つを
C:\Program Files\Java\jre6\lib
C:\Program Files\Java\jre6\lib\security
C:\Program Files\Java\jre6\lib\ext
C:\Program Files\Java\jdk1.6.0_06\lib
C:\Program Files\Java\jdk1.6.0_06\lib\security
C:\Program Files\Java\jdk1.6.0_06\lib\extにコピーします。
この作業を行わないと起動ができませんので必ず行ってください。


Step.6 Navicatでデータの読み込み

次にNavicatを起動します。
Connectionsの欄にlocalhostがない場合はConnectionsをクリックして
HostNameにlocalhost Portに3306 UserNameにはroot
と入力してokを押すと追加されるはずです。
既に書いてある場合は書かなくていいです。
項目にあるlocalhostを押します。
localhostを押しても何もでない場合はWampSeverを起動後もう一度試してください

localhostの下部分の何も書いていないところを右クリックして
EnterDatebase nameのところにodinMSと書いてokを押します。
できたら項目にodinmsというのがでるんでそれをクリックすると色が変わります
色が変わったodinmsを右クリックしてExecute Batch Filesを押します。
なんか画面がでるんでFileの右にある「...」というところをクリックしてください
SeanPackとExtreme Editionを開いて、中に入ってる全てのsqlファイルを読み込んでください。
エラーが出る場合はodinMSをやってからもう一回やると成功しやすいです。
全部終えたら項目にあるodinMSをクリックします。
すると右の項目が増えていますので増えているのを確認したらおっけえです


Step.7 起動

いよいよ起動です!
SeanPackのなかにあるSeanSource V.5.9のファイルの中にある
launch_world.bat
launch_login.bat
launch_channel.bat
の3つを 上から順に起動します。
この時何かを押してくださいなどエラーがでた場合には失敗です。
最後にOdinMSv.55をクリックして起動してください
もしログイン画面までいけた場合にはID admin PW admin で中に入ることができます。
中に入れない、キャラを作っても消える場合にはデータを読み込めてないのでもう一度データを読み込んでください


Step.8 レートの変更

鯖起動もできたみたいなので次はレートの変更方法について伝授します。
ゲーム内からでもGMコマンドによりレートを変更することはできるのですが
別の方法でのレートの変更を伝授したいと思います
まずSeanPackのSeanSource V.5.9のファイルの中にworldというPROPERTIESファイルがあります
それを開いてください。
そうしたらもうわかりますよね?
=数字のところを好きな数値に変えればいいんです。
expが経験値レート
mesoがメルレート
dropがドロップレート
bossdropがボスドロップレート
となってます。


Step.9 友達を呼ぼう!

net.sf.odinms.channel.net.interface=127.0.0.1
友達を呼ぶ方法についてはよくわからないんですが127.0.0.1を消して、自分のhamatiのIPを入れればいいんだと思います。
あと友達を呼ぶにはchannelも弄る必要があります。
channelを開いて
net.sf.odinms.world.host= hamatiIP
に変えて保存してください。