※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

農学的観点からのアプローチ


 水産学を含めて、農学は全ての生物に関わる学問です。
 農学の中でも、人間生活に関わる分野は、様々な学問と関わりがあります。

 たとえば「食」。「食べる」モノを作るのは、「空間」です。

 そしてその「食べる」モノは、どこでも作れるという訳ではありません。

 誰が、どこで、どのようにして「食べる」モノを作るか。

 誰が、どこから、どのようにして「食べる」モノを運ぶか。

 ここに、地理学の考え方が絡むのです。

 そして「食べる」ものの流通循環を考えるならば、これは地理学だけでなく、
経済学の考え方が絡んできます。地球規模で発生している食料危機、食文化の違い
というのは、地理学の見方であり、あなたが食べる食料は、すべてあなたが生産して
いるわけではないので、流通循環という経済学の視点が必要となるのです。