※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

今月のおすすめ


ウィーン大学の教授であり、オルガニストであったブルックナー。
ワーグナーの弟子のような存在であり、彼の講義にはマーラーも参加していた。
でも、人に「演奏不可能」と言われ続け、大改訂を繰り返した作曲スタイル。

今もブルックナーを敬愛してやまない人がいる反面、理解不能とつぶやく人もいる。

数多くの作品を改訂し、そして残したブルックナー。
気弱なのか、勉強熱心なのか。
人の声を気にすることのできる人だった、
人の声を気にかけることのできる人だった、私はそう思いたい。

その生き方は、私にとってのお手本です。

ブルックナーが残したこの第8番も、他の交響曲と同じように、
師に演奏不可能と烙印を押されてしまっています。

それで挫けないのがブルックナー。
第3、第4交響曲と一緒に大改訂を行った結果、最初の完成から5年後の初演は、
音楽家ヴォルフが「闇に対する光の完全な勝利」という言葉を残すほどだった。
ちなみに、初演にはブラームスも足を運んでいたそうです。

冬の寒さにも、卒論にも挫けそう・・・そんな自分への戒めとして(笑

Back Number

2010年11月  ラヴェル作曲 亡き女王のためのパヴァーヌ
2010年10月  ヤナーチェク作曲 「シンフォニエッタ」最終楽章
2010年9月  ボロディン作曲 「イーゴリ公」より韃靼人の踊り
2010年8月  J.シュトラウスⅡ作曲 常動曲
2010年7月  チャイコフスキー作曲 ピアノ協奏曲第2番第1楽章(後半)
2010年6月  レスピーギ作曲 組曲「ローマの松」より終曲『アッピア街道の松』
2010年5月  チャイコフスキー作曲 交響曲第4番 第4楽章
2010年4月  V.ダンディ作曲 交響詩「山の夏の日」より第一章『暁』
2010年3月  V.ダンディ作曲 交響組曲「浜辺の詩」より『紺の光』
2010年2月  A.リード作曲 エル・カミーノ・レアル
2010年1月  ニールセン作曲 交響曲4番「不滅」 第4楽章
2009年12月  ワーグナー作曲 ニュルンベルクのマイスタージンガー第1幕への前奏曲
2009年11月  V.ダンディ作曲 フランスの山人の歌による交響曲 第1楽章
2009年10月  ムソルグスキー作曲 「展覧会の絵」より一部抜粋
2009年9月  ガーシュウィン作曲 ピアノ協奏曲第3楽章
2009年8月  ラヴェル作曲 スペイン狂詩曲 第4曲「祭」
2009年7月  ウェーバー作曲 コンツェルトシュテック(小協奏曲)
2009年6月  レスピーギ作曲 組曲「ローマの噴水」より一部抜粋
2009年5月  R.シュトラウス作曲 アルプス交響曲 一部抜粋
2009年4月  サン・サーンス作曲 交響曲第3番「オルガン付き」第2楽章
2009年3月  カリンニコフ作曲 交響曲第1番 第4楽章
2009年2月  チャイコフスキー作曲 交響曲第5番 第4楽章
2009年1月  シベリウス作曲 交響曲第2番 第2楽章
2008年12月  チャイコフスキー作曲 交響曲第1番「冬の日の幻想」第4楽章
2008年11月  ブルックナー作曲 交響曲第5番 第1楽章
2008年10月  チャイコフスキー作曲 交響曲第3番「ポーランド」第5楽章
2008年9月  R・シュトラウス作曲 ティル・オイレンシュピールの愉快ないたずら
2008年8月  モーツアルト作曲 交響曲第40番 第1楽章
2008年7月  スメタナ作曲 わが生涯(セルによる管弦楽編曲編)第4楽章
2008年6月  チャイコフスキー作曲 交響曲第6番「悲愴」第3楽章
2008年5月  シューマン作曲 ピアノ五重奏曲 変ホ長調 第1楽章
2008年4月  ブルックナー作曲 交響曲第4番「ロマンティック」第1楽章


※試聴できるデータは、不完全なものです。
 興味のある方は、ご自分で納得できる音源をお探し下さい。