※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

784 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/09/16(日) 08:28:03.53 (p)ID:LarhYKA5O(20)
まとめ

うつ伏せに横になり、軽くエビ反る。この時アゴは引いておくとよい。
その姿勢のまま「あ~あ~あ~…」と言ってみる。これがあなたの原音です。

レッスン2~音域を広げるトレーニング

直立し、ペットボトルにキスするような感じで口をつけ、限界近くまで息を吐く。
ペットボトルは「息を吐いている」という意識を持つために用いるので、500mlでも1.5Lでもなんでもおk。慣れたら要りません。

そして息を吐いたのち直ぐに口を離し「あっ!いっ!うっ!えっ!おっ!」と発声。
この時口は大きく丸く開けることと喉ちんこをあげることを意識しましょう。
するとあっ!が特にだが、全体的に声にはならない感じででます。

そののち大きく息を吸い、大袈裟に「ごはー ごはー」と息をはいて肺から空気を出してからもう一度さっきと同じ様に「あっ!いっ!うっ!えっ!おっ!」と発声。これで一セットです。

これを(出来れば)夕方か夜に一日一セット。なれてきたらセット数を増やしましょう。