野田憲太郎


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

野田 憲太郎 (のだ けんたろう、1976年2月24日 -)は三重県四日市市生まれの自称作曲家、自称演奏家、自称著作家、自称ピアニスト、元Wikipedia利用者。

完全無欠・絶対無謬・至高の音楽神であり、オウム真理教信者以外に野田憲太郎尊師に逆らう者は存在しない(野田憲太郎尊師の批判をする者はすべてオウム真理教信者と決まっている)が、Wikipedia日本語版はてなでは不当な迫害を受けている。

Wikipediaで野田憲太郎尊師はロシア音楽に対する深い造詣と博士号という高学歴を背景に、ロシア現代音楽に関する項目の編集を行った。ところが、Wikipediaの編集方針に反するという身勝手な理由により編集を取り消されたことから編集合戦の後、激しい罵倒を繰り広げる。その後、すべてを仕組んだのはオウム信者であり、JAWP(Wikipedia日本語版)の管理者はオウム真理教に牛耳られており、関係者はすべてオウム信者かその複アカウントであるという恐るべき真相を暴露した。さらに、オウム信者と対立するかのように見せかけている悪徳商法マニアックスもオウム真理教二宮派であることを見抜き、その真実を悪マニ別館ブログのコメント欄で鋭く追求し続けている。

現在はWikipediaからも追放されたため、主に悪マニ別館と「日本アンチキムチ団」のコメント欄にて、日本のインターネットがオウム信者の支配下にあるという誰も知らない恐るべき真相を告発し続ける日々を送っている。

略歴

京都市立芸術大学音楽学部にてピアノを専攻後、アメリカのワイオミング大学音楽学部やノースフロリダ大学音楽学部に在学中にピアノ、作曲等を学んだ。ノースフロリダ大学在学中まで、学生による個展ボイコットなどのトラブルのために、目立った作品を発表していない。日本へ帰国後、若手作曲家の集い第一位を含むいくつかの作曲コンクールに入賞したが、その後は音楽活動からネットでの匿名投稿に主軸を移している。

作曲

代表作品にフルートとヴァイオリンの為の「最も大切なこと」、弦楽四重奏の為の「希望なき自由」、ピアノ、チェレスタ、グロッケンシュピール、クロタレスの為の「五つの精霊」、5人の歌手と14人の楽器奏者の為の「ツンデレラ」などがある。

これまでの一般的な形式としては、ある一定の素材を始めに長時間にわたって集中して提示し、その作品への印象を深ませる点、そして最後のコーダに至ってそれを 180 度場面転換または開放しさらに新しい世界を求めていく事が第一の特徴としてあげる事ができる。A-B の A の部分が長いバール形式の一種と考えられ、近年では A の部分が 95% を占める作品も作曲している。譜面はモートン・フェルドマン風の書き方だが、出てくる音響は別物に近い。

演奏

ピアニストとしては国内外の無名や新作の初演を行うことが多い。他の演奏家と比較されることを避けるため、また「初演」の栄光を手にするためである。そのため、曲の良否よりも珍しさを重視する。

著作

フランコ・ドナトーニが作曲したピアノ独奏の為の「フランソワーズ変奏曲」の、第一変奏から第二八変奏までの校訂報告を作成したが、日本語版のみ。

Wikipediaにおいて


Wikipediaでは野田憲太郎を自称する人物が利用者:Noda,Kentaroとして活動。

主に現代音楽関係で編集活動をしていた。

その際主観的で検証可能性に乏しい独自研究的、評論的記述を繰り返し、これらを指摘すると感情的にいちゃもんを付けたり暴言を吐くといった行為を繰り返していた。

また複数のソックパペットを利用したりなどWikipediaにおいて問題行動を複数起こしていることから重大な荒らし行為をする人物としてWikipediaからブロックされている。

なお、利用者:Noda,Kentaro = 野田憲太郎であることに疑いを持つ人物も多かったがWikipediaにおいて「2007年7月下旬に、野田憲太郎が自分のHPで、「ウィキペディアの中国人・韓国人投稿者について日本語版Wikitruthに論文(を発表)」と記したことにより、野田憲太郎 = Noda,Kentaroであることは動かしがたい事実となった。」と記されている。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。