※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

聲 “こえ” ◆WWhm8QVzK6




              ◆◆◆










応急処置やらやることが色々で、しばらくこの家に留まる事になった。
今後の考えもまとめたかったし、なにより気持ちの整理が必要だった。

バッグの中にあった首輪をどうするか、とか。(おっさんの生首はダストシュートに捨てた)
コンディションは問題ないか、とか。
荷物の整理、とか。
そして、同行者の事とか。

彼女には出来るだけ引かず押さずの対応でいいだろう。
下手に刺激してこちらが殺されてはたまらない。匙加減が難しそうだが。
一応、武器を預かることを了承してくれたので問題はないと思うが……警戒度は上げないとな。
さっきみたいな無様な真似は御免だ。


ところでふと、庭にある、掘り返したような跡が気になった。
こんもりと盛り上がって、まるで何かを埋めているような――




この時、なんでこんなものに気が付いてしまったんだろう。

この時、なんでこれを掘ってみようと思ったのだろう。

この時、なんで中に何があるか気になったんだろう。

見なければよかったのに。
見るべきじゃなかったのに。

でも、後悔してももう遅いのだ。
既に僕は、何があるか見てしまったのだから。


「ああ、……そうか」


青年が、埋まっていた。
死人だ。死んでから少し時間が経って、もう冷たくなっている。
どこかで見たことのある顔、いや、そうではなくて


「囲炉裏、さん」




やっと、見つけた。


姿は、天倉螢というゲームの登場人物のものだった。
しかし、ここにそういう人物は、いない。
何故だか、まるで方程式にあてはめるかのように自然に答えが導かれた。
そう、単純に、これは

「ゲームのキャラクターの姿を借りた、囲炉裏さんってことか……」

彼の顔を知っているわけがない。
だって彼は実況プレイヤーで、声しか知らない、存在なのだから。

そこからわかること。
話が出来ればよかったのだが、もう彼はいない。
だからこの考えも仮定になってしまう。
だが、この結論しか出ない。
そしてこの仮定が正しかった場合、其処に行きつく結論は。


それを考えると、恐ろしくて堪らない……!!!


嗚呼、どうしてこうも裏目に出る?
上手くいくとは思ってはいない。だけど、もう少し良くてもいいんじゃないか。

これから、自分はどうすべきか。
やはり真実を見つけるしかないのだろう。

「なら、俺は確かめないとな」

ようやく会えたというのに、ようやく見つけたというのに彼の心にそれほどの感慨はなかった。
まだ、足りない。欠けているモノが残っている。
それを見つける為には、止まれない。
たとえそれが破滅の道だとしても。
たとえそれが自分を破滅させるとしても。

もう、それしか道は残されていない。

                ◆◆◆

流水が体を洗う。
汚れた体を流すために。
シャワーからはとめどなく水が流れる。
すべすべとした肌を水が流れる。
暖められた体はほんのりと薄赤くなっている。
だけど瞳の色は、それでも冷たかった。

また、一人殺した。
かなり無様な形になったが、殺せた。
頬がひりひりと痛む。
でも痛みはあまり気にならない。

自覚はしている。
自分だけでは上手くいかない。自分は何もできないのではなく。
だから、ときちくについていくのだ。
自分で考えて、自分の意思で彼についていく。
それは変わっていない。
私は、人形じゃないから。
人形は、言いなりになるだけの存在。
私はそんなのとは違う。違う。
だからこれは、私の意思。
最後まで、ときちくさんと行動する。
もし自分が死んだとしても、願いは託せるのだ。

だから、何も迷わない。
もう、何も躊躇わない。

それで、いいんですよね―――










               ◆◆◆


彼女は、失うたびに得る。
彼は、得るたびに失う。

己を失うことで、、自分の思いを取り戻す。
自分の思いを取り戻すことで、己が失われる。

正反対。
望むことは、同じに見えて全くの正反対。

だからこそ共にいる。
共に、歩む。

壊れるたびに一歩進み、一歩進むたびに壊れていく。

それを否定することはできない。

なぜなら、それは彼らが選んだ道だから。
どのようなカタチであれ、それは彼らの願いなのだから。





【B-2 住宅街・家の庭/一日目・夜】
【ときちく@時々鬼畜なゲームプレイシリーズ】
[状態]:左肩下に刺し傷(応急処置済み)、全身にダメージ(小)、精神疲労(中)、記憶の混乱(思考は正常)、悲しみ
[装備]: ナイフ×3、包丁×3、ブレード@サイべリア フライパン
[道具]:基本支給品*3、フライパン、フォーク、張遼の書@ニコニコ歴史戦略ゲー 、
首輪探知機(残り48分) 銃(12/15)@現実、モンスターボール(ネイティオ)@ポケットモンスター
アシストフィギュア(サイボーグ忍者)@大乱闘スマッシュブラザーズX 支給品一式×3(一食分消費)、タバコ一箱@メタルギアシリーズ、
タミフル@現実、北条鉄平の首、北条鉄平の首輪、不明支給品0? 、モンスターボール(空)
【思考・状況】 基本思考:生き残り、真実を知る。
0:囲炉裏、さん……。
1:とにかく、今後の事を考えないと…。
2:参加者が20人を切るまで基本的に動かない。
3:誰か着た場合には十全に対処する。
4:雪歩を利用するが、今まで以上に警戒しておく。
5:他にも使えそうな人間がいれば駒として利用する。
6:自分からは殺さない。
7:自衛のための殺害は已む無し。
8:頭痛が治まってよかった。
【備考】
※七夜志貴と十六夜咲夜の姿を確認しました。名前は知りません。
※元世界の知識はかなり封印されていましたが、半分程度解けたようです。
※囲炉裏に関しては、かなり思い出しました。
※ローゼン閣下(麻生太郎)に関することがフラッシュバックしました。
※自身の記憶に関してのフラッシュバックがありました。
※元々の能力などのせいで他の参加者に比べ疲労が激しいようです。
※自分の記憶がおかしいと自覚しています。
※オフィスビルのネットは主催者と繋がっていると推測しました(真偽は不明)
※映画館での出来事を知りました。
【B-2 住宅街・室内/一日目・夜】
【萩原雪歩@THE IDOLM@STER】
【状態】:精神疲労(大)顔、胸、首に打撲傷 、決意 、シャワー中
【装備】: コアドリル@天元突破グレンラガン
【道具】:ナイフ、支給品一式×2(水少量消費)ジャージ@へんたい東方
デスノート(鉛筆付き)@デスノート
【思考・状況】 基本思考:優勝して全てを元通りにする。
1:私は人形じゃない。
2:ときちくさんについていくのは、自分の意志だ。
3:死にたくない。 自分だけでは生き残れないのはわかっている。
4:ときちくさんと、最後まで生き残る。
※ルイージのデイパックは雪歩が持っています

※チャイナ服と、ピョンタ君は渚が装着したままです。

【オフィスビルの現状】
裏口の鍵は閉まっています。
正面扉は開いていますが、一階ホールには電流が流されています。

【アシストフィギュア(サイボーグ忍者)@大乱闘スマッシュブラザーズX】
使用制限時間は5分です。
再び使うには4時間経過しないといけません。



sm191:Informal Hunt 時系列順 sm192:Yell "dead human"
sm191:Informal Hunt 投下順 sm192:Yell "dead human"
sm191:Informal Hunt 野々原渚 死亡
sm191:Informal Hunt ときちく sm202:Inanimate Dream
sm191:Informal Hunt 萩原雪歩 sm202:Inanimate Dream






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー