※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

夢からさめても ◆KX.Hw4puWg




「結構寝たみたいだな…」

ふわぁ、と大きな欠伸をし、馬岱は浅い眠りから覚めた。
首を左右に動かしながら立ち上がると、何か異変に気付く。

(あいつが居ないな、一体どうしたんだろうか…)

先程助けたあの若い男が居ない。
危険を察知して、逃げ出したのだろうか―――いや、流石に足を怪我している男がそう簡単に動けるのだろうか。
答えはNOだ。自分の様に、呂布達と一緒にカオスな戦場を駆けてきた馬岱が一番知っている。
弩兵を率いた時にする敵将に対しての狙撃をした事もあるし、された事もある。
その時狙撃された側は自らの能力が弱体化し、そのせいでろくに戦えたもんじゃ無かったのは覚えがある。
つまり、だ。そんな事をただでさえ鍛えられてる将でそうなるのに一般人らしきあの男が早く動けるのは無理なのだ。

「少し探しに行くか」

そう呟き、馬岱は扉の取っ手を引くと、涼風が吹く空へと飛び出した。

◇◇◇◇◇

「あれ?なんでおらんのやろ…」

決意を決めたパンツレスラー、藤崎は一見変わった風貌で先程まで馬岱が居た部屋に戻ったのだが、何故か馬岱はその場を切り抜いたかのように居なくなっていた。
無論、それが自らを探しに行ったのかを藤崎は知るよしも無いのだが、悲しいかな、藤崎は彼が既に出かけたのだろうと推測し、その部屋の中心に置かれた椅子に座り、近くにある机に肘をつく。

「…確か、今昼すぎたんやっけか…あ、そういえば…!」

彼は忘れていた放送の存在に気づくと、書き記す為の紙とペンを取り出す。
ふぅ、と溜め池を一回つき、藤崎は腕の関節や筋肉を伸ばす様に、腕を天井に向かい、伸ばす。

「…死んどらんやろうな、トキ、糸色、みんな…」

かなり離れてしまった見えぬ仲間達の無事を祈る。
…そんな最悪の事態は考えたくないが。

『―――第二回放送の時間です』
「…!来たみたいやな」

何処からか分からないが、やけに機械の様な女性の声が響く。

『禁止エリアは禁止エリアは十四時からC-1、十六時からD-3…』

少し汚い字で紙に書き記していく。
地図にも○をつけ、分かりやすい様にしておいた。
こうした方が初めて見た人が見易いからだ。…と、いっても放送を無視してる参加者はそこまで居ないだろうという意見は受けつけない。

『脱落者は以下の十五名。僧侶、伯方の塩…』

遂に来てしまった散ってしまった命の発表。
十五名という数の多さにおもわず藤崎は歯を食い縛る。

『…糸色望、新堂誠、七夜志貴、夜神月…』
「い、糸色、月…」

あの場で別れたあの二人が両方放送で呼ばれた。
あのブロリーにやられたのだろうか…。いや、今は知るよしも彼には無い。

『剣崎一真、弱音ハク、初音ミク…以上です。第三回放送は六時間後となります』

藤崎は今日何度目かも分からない溜め息をつく。
正直、死にすぎだ。
それほどまで殺し合いに乗った人物が居るとなると、やはり寒気が出る。

「い、いや!縮こまったら駄目やろ!俺!」

顔を平手で何回もはたき、自らの体を奮いあげる。

「…そうやったら、今は帰ってくるのを待つ事にすっか…あぁ、今日は疲れる事ばっかや…」

そして足の痛みに耐えながら、藤崎は倒れる様にベッドに倒れた。


【B-2/住宅街/1日目・日中】
【藤崎瑞希@現実】
[状態]さらなる決意、パンツレスラー、疲労(小)、脛に軽い刺し傷(鱗粉付き)、足に痺れ、罪悪感
[装備]なし
[道具]支給品一式、金属バット@現実、ショートカッター(残り0枚)@ドラえもん
[思考・状況]
基本思考:主催者の目論見を粉砕し跪かせる
1:全てはチャンス
2:参加者を救う
3:受け継がれた意志を持って、闘う
4:俺を襲ったのは誰なん?
5:あそこで寝てた奴が俺を運んでくれたんか?

◇◇◇◇◇

そんな藤崎の現在位置を知るよしも無い馬岱はというと。

「おーい、俺はここにいるぞ!何処に居るんだよまったく…」

かの有名な名言を言いながら居ないもしない藤崎を探していたとさ。

【B-3/森/一日目・日中】
【馬岱@呂布の復讐】
[状態]:頭にたんこぶ 幻術と戦闘による疲労(小)、
[装備]:鍬@吉幾三、三国志大戦カード(群雄SR馬超)@三国志大戦
[道具]:基本支給品
[思考・状況]
1:ここにいるぞ!
2:男(藤崎瑞希)から強い奴の情報を聞く。つーかマジでどこだよ…?
3:殺し合いに乗って、自分の力を試す
4:弱い奴からは情報を聞きたい。断ったら…
5:呂布……記憶障害とは大変だな……
6:もうちょいまともな武器が欲しい
7:ブロリーとは遭遇したくない
※参加者の多くの名前を見た覚えがあることに気が付きました。ニコ動関連の知識の制限は実況者達等に比べて緩いようです
※放送は焦っていた為、聞いていません。


sm148:咲夜、匙を全力でぶん投げる 時系列順 sm150:少し頭冷やそうか(考察編)
sm148:咲夜、匙を全力でぶん投げる 投下順 sm150:少し頭冷やそうか(考察編)
sm142:藤崎瑞希の復活 藤崎瑞希 sm160:俺より強い奴に遭いに行く!
sm142:藤崎瑞希の復活 馬岱 sm160:俺より強い奴に遭いに行く!






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー