※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

好奇心は並行世界の猫を殺す -Nicht- ◆F.EmGSxYug





突然の話ではあるが――並行世界、という概念がある。
ある現実と少しだけ違う、別の現実。
あるいは違う選択肢を選んでしまった、他の世界。
……そう。
チルノが妖精ではなく人間として暮らし、
バスタードチルノソードを振り回している世界もあるわけだし、
御札を解いたルーミアがストームブリンガーを振り回している世界もあるわけだ。
本来、そういった世界どうしが干渉することはない。
出来るのはそういった能力或いは道具を持つ者のみであり、そういった者は極めて希少。
だがその極めて希少な例に当てはまるのが、こういった殺し合いを開催する者達である。

「報告は見た。
 支給品を通して、複数世界から情報の異常流入が発生したと……」

チルノたちが別れて約一時間後。
豪奢に彩られた私室の中、この殺し合いを開催した者の長……運営長は、
電子情報で送られてきた報告の一つを見て興味深そうに呟いた。
本来ならば、この殺し合いに使われている世界と他の世界――
即ち、参加者が元いた世界や支給品を調達した世界の繋がりは、
無用な干渉を避けるために「非公開システム」などにより断たれている。
しかし、実際には支給品を調達した世界から情報が流れ込んだ。
数多の世界の情報を持ち、移動できるが故にこの殺し合いを開いた彼らではあるが、
想定外のことまで防げるわけではない……否、防げないからこそ想定外だ。
上げられてきた報告によると、以下のようなことが言われている。
支給品の調達すら行っていない世界を含む複数の世界から情報の流入が起こったこと。
その中に、「この殺し合いに参加している」チルノ達がいた世界は含まれないこと。
その時刻は、チルノがバスタードチルノソードを握ったであろう時刻と一致すること。
情報流入があった世界のうちの一つにその剣を調達した世界があり、
また情報流入があった世界は全て違いはあれど『チルノ』という存在がいる並行世界である可能性があること。
可能性としては、この会場は多数の世界の無数の情報が集まる場所であるため、
そこで並行世界の自分が持つ武器をチルノが持ったことで予期せぬ繋がりが生まれ、
それが非公開システムの持つ網を潜り抜けて情報を流し込んだのであろうこと。
情報流入は、彼女に並行世界の記憶や能力を与えると推測されること……

報告はまだまだ続く。
運営長を始めとする彼らが知っているかどうかは定かではないが、
こういった事象――殺し合いにせよ並行世界の情報流入にせよ――は他にも存在する。
以前行われたとある殺し合いにおいても、桃色の地球外生命体に同じ事象が起こった。
とある支給品のショックによる、並行世界の記憶や能力の予定外の流入。
それは、この殺し合いの場が完全に完全に密閉できていないことを意味するのだが……

「フム。
 どう思うかね、右上?」

モニタから目を離しながら、運営長は脇に立つ人影――右上へと視線を移す。
左上はここにはいない。呼び出されたのは、右上だけだ。

「繋がりが生まれたことが人為的な、何者かによるものだと判断するには、
 受けている当人へのリスクが大きすぎます。
 恐らく、偶発的なものだと判断してよいでしょう。
 これは恐らく殺し合いにおいて何らかの成果を出すことが期待されますし……
 繋がりを断たず、残しておくべきかと」

右上はそう発言する。言うまでもなく、これは私的感情によるものだ。
無駄を愛する彼にとって、これほど面白いことは無い。
支給品をいじくり、他の参加者にも同じことをやってみようかと思うくらいである。
――彼自身が仕上げた報告の最後には、こう記されていた。
根本的な人格への影響こそないもののこの流入はあまりに不安定かつ侵食的であり、
軽く少しの間握っただけでの一時的な記憶の欠損や意識障害などが起こりうる。
戦闘で剣を使うように長期の間剣を強く握る――即ち、
流入を継続的に行った場合チルノの戦闘能力や知性は大幅に強化されるだろうが、
強化されればされるほど複数の世界の知識や能力が収まりきらなくなり、
様々な形で精神や身体に悪影響が出始め――最悪、死に至ると。

そう。例え、人格そのものへの影響がなくとも。
数多の世界の知識や能力を全て使いこなせるか……
無事に入りきるかどうかは、別問題である。

「……剣を握れば強く賢くなるが、あまりにあの剣を使えば死ぬ。
 確かにそれは面白い。目の前に毒が置いてあるようなものだ……
 しかも、追い込まれれば使わざるを得ない毒――」

その言葉に酔いしれるように、僅かに笑みを漏らす運営長。
理由は単純、それがこの殺し合いを行うにあたり面白くなるものであるからだ。
無駄なことばかり行うというある種の職務放棄に近い右上が処罰されず、
それどころか重宝されるのも運営長のこの気質に由来する。
自分が面白ければそれでよいという、狂った考え。
そもそも、そんな男だからこそこの殺し合いを開いたのだから。
しかしながら――運営長と右上には断崖絶壁のような相違点が存在する。

「だが、その回答だけでは合格点とは言えん……!」
「は?」

運営長の笑みが消える。空気が一気に張り詰め、霜を帯びる。
それに気付き、右上も慌てて気を引き締めた。

「右上。お前はこのケースが他の参加者に起きる可能性について述べておらんな?」
「……は、はい、それはありえません。
 加工されていない『並行世界の自分が愛用する物』が存在するのは、
 参加者の中ではチルノだけです」

余談ではあるが、一部の支給品には制限などを加えるための加工が加えられている。
顕著な例がDMカードだ。特にユベルには相応の拘束が成されている。

「つまり……加工した物ならばあるということか。それはどうかね?」
「城之内が天使のサイコロを持っても何の変化も示さなかったことから、
 それが今回のようなケースを引き起こすことはないとの結論です。
 加工する過程で入念な検査や使用テストが行われていますし、それに……」

右上の言葉は無駄がない。命じられている通り、事実だけを述べている。
今回のケースは、何の加工もされていない並行世界の自分の武器を取ったから起こった。
逆に言えば、それが会場にない他の参加者には起こりはしない。
例えばクリムゾンは、越前がいた世界と同じ世界から調達されている。
それに限らず、ほぼ全ての愛用武器は参加者がいた世界から調達したものだ。
理由は単純で、その方が効率がいいからだが……
計らずも、今回のようなバグが発生してこなかった一助となっていた。

「恐らく、加工した事で支給品が変化しているために繋がりが生まれないのでしょう」

カラカラになった喉で、無駄口を叩かずに右上は喋り続ける。
彼が急に自分の感情を……無駄と言う存在意義を潜めさせたのは単純だ。
本能的に感じたのだ、運営長という男の闇を。
先ほどまでと同じように無駄を言えば、それだけで首を刎ねられるような錯覚。
無駄を愛するという「本能」と繊細かつ確実に物事を進める「理性」。
一見、背反するであろう二つのベクトルを併せ持つのが、運営長という男。
言うなれば、左上と右上の特徴が混沌の中で混じり合っているようなものだ。
自分の悦楽を第一としながら、その悦楽を無駄なく楽しみたいという極端な二面性。
だからこそ彼はここまでのし上がってきたのであり……故に、彼は狂っている。
右上の言葉を聞き終わった後――ゆっくりと、
舐めるようにその顔を運営長は眺めながら話し始めた。

「繋がりが一つならばまだ偶然として処理できるし、愉しめようが……
 二つ繋がったならば流石に警戒せねばならん。それでは愉しめぬ。
 一と二では、外部からの介入が行われている可能性があまりにも違う。
 偶然だとしても、偶然が二つ起こるということはそれほど脆いということだ。
 ――ワシはこの殺し合いを愉しみたい。
 そして、その愉しみを邪魔されることほど不愉快なことはない。
 もし外からそういった輩が来るのならば、それを未然に防ぐのが当然と言うもの。
 わざわざ招きよせる余地を残すなど言語道断。
 ……その意味は分かるな、右上?」
「……ハ、ハッ」
「わしはお前のことをそれなりに――あくまでそれなりには買っておる。
 今回に関しては、お前の意見を尊重しよう。面白くなるのは確か……
 だが――」
「も、問題ありません。
 万一他の参加者に情報流入が発生した場合は見逃さず、すぐに対処致します」

運営長の言葉に、右上は何とか声の震えを抑える。
他の参加者にも同じことをやってみようなどという考えは完全に吹き飛んでいた。
心中にあるのは、見抜かれていたことへの恐怖と運営長への完全な忠誠のみ。
ようやく、右上は左上がこの場に呼ばれなかった理由を理解した。
運営長の目が何よりも雄弁に語っているのだ。
トキやバルバトスに行ったようなことを再び行えば……
即ち、同じような情報流入を右上が興味本位から意図的に発生させたり、
無駄を愉しむためにわざと情報流入を見逃したりしようとすればすぐに処分すると。

――彼の独断専行に対する、実質的な警告である。

しばらく後、右上は運営長の私室から退出した。
生きた心地がしない。
その心中には未だ……部屋に満ちていたドス黒い狂気がこびり付いていた。

sm140:違う自分 -ADVENT- 時系列順 sm141:イエスタデイをうたって
sm140:違う自分 -ADVENT- 投下順 sm141:イエスタデイをうたって
sm140:違う自分 -ADVENT- 逢坂大河 sm153:道化の考えは人には分からぬる(前編)
sm140:違う自分 -ADVENT- チルノ sm153:道化の考えは人には分からぬる(前編)
sm140:違う自分 -ADVENT- ドナルド・マクドナルド sm155:Q 3人-1人+0.5人-2人=?
sm140:違う自分 -ADVENT- ビリー・ヘリントン sm155:Q 3人-1人+0.5人-2人=?
sm140:違う自分 -ADVENT- 桂言葉 sm155:Q 3人-1人+0.5人-2人=?
sm140:違う自分 -ADVENT- 鏡音レン sm155:Q 3人-1人+0.5人-2人=?
sm140:違う自分 -ADVENT- 右上 sm169:熱戦の裏側、眠れる恐怖
sm140:違う自分 -ADVENT- 運営長 sm169:熱戦の裏側、眠れる恐怖






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー