※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

りょふだよ。たたかいもするけどこうさつもするよ ◆KX.Hw4puWg




木々の狭間から入る光が、唯一の光となって、館を後にした大男―――呂布の折れた斬馬刀と盾であるイージスに反射する。
ふと、何故か分からないが、木々で隠れていた空を見上げる。
その狭間から薄ら見える太陽が自分の真上に来ていた。

「…もう昼になったのか」

ふぅ、と呂布は一旦息をつく。
よく考えてみれば、本当に早く、そしてとんでもない半日であった。
冷気を使う少女との遭遇。
一頭身の剣士との勝負。
自分を知っていた、言う事は違うが自分が生きた時代、場所は同じであろう、自分の支給品をディパックごと持っていった白髪の青年。
そして自分をまるで今までの相手の様に、赤子の手を捻るかの様にあしらった、金髪の男―――
…この殺し合いは呂布に対して、様々な楽しみを与えてくれている。
確かに半ば無理矢理に連れてきた事などには今でも怒りを感じている。
だが、呂布はあの時自らの体と同じに終わるはずだった自分の武が、この殺し合いで様々な強者達にもう一度だけ自らの武を振るえるという喜びを与えた事に対しては感謝している。
彼が自らの舞台、戦場において、愛馬である赤兎とともに「人中の呂布、馬中の赤兎」と謡われ、恐れられたのは有名な話だ。
だがその威名もこの殺し合いには無いも同然。
相手は怖気づく事も無く、振るえる力を最大限に活かし、自らに襲いかかる。
自らが居た世界に突然現れた、あの少女達の様に。

「…」

もう一度、深く呂布は息をつく。
一回、二回、三回。
先程とは違う、深い呼吸。
吸っては吐き、吸っては吐きを幾度か繰り返した後、呂布は刀と盾を握り直し、歩みを速めた。

◇◇◇



しばらく歩いていた呂布の目に入ったのは無惨な姿の少女とそこから少し離れた場所に、少女と同じ様死んでいた、少年らしき死体。

「…む」

少年らしき方はもはや辛うじて分かる程になっていた為、呂布は上半身のみ残っていた少女に駆け寄り、見てみる。
下半身はまるで果実を握り潰したかの様に、潰れている。
どうやら臓器等をやられたのだろう。
―――ここでふと、呂布は疑問に思う。
死体を幾度も見てきた呂布であっても、明らかにこの死に方はおかしかった。
呂布の判断は、何かに潰され、死んだ、という事であるはずだ。
だが一番可能性がある木による圧死では無い。
死体の周りの木々は死体周辺には倒れてはいない。
つまり木によって殺したというのでは無い。
…ある世界では馬で人を殺すというのを聞いた事があるが、それならば肉体一点に蹄が当たり、貫通するかだろう。
ならばまた未知の者達が自分が居た時代には無い力でこの二人を殺したのであろうか―――

「…むむむ」

何がむむむだ。

◇◇◇



疑問に思いながらも呂布は更に歩みを進める。
しばらく歩き、長かった森も終わりに近付いてきた頃。
すると遠くの方に…その、何と表現していいか分からない―――簡潔にいうと生首が跳ねて移動(?)していた。
流石の呂布でも一旦驚くが、すぐに持ち直し、よく見てみる。

「…あれは…!」

支給品を入れるディパック。
それを生首は所持していたのだった。
これは呂布にとっては絶好の機会だ。

「天は俺に味方せり…か」

そう呟くと呂布は自らの口先を上げ、生首に近付いていった。



【A-3とB-3の狭間/一日目・昼】
【呂布@iM@S演義】
[状態]腹部に打撲 、全身謎の液体まみれ、疲労(小)
[装備]折れた斬馬刀@るろうに剣心、イージス@FF11
[道具]
[思考・状況] 基本思考:強そうな奴には片っ端から喧嘩を売る。優勝狙い
1:デイパックをすぐにでも確保せねば…
2:罠を張った奴はここには既にいないようだな……
3:術師には負けない。
4:チルノとはまた会ったら決着を着ける。
5:メタナイトと全力の決闘をしたい。
6:ブロリーとも決着をつけたい。
7:主催者も殺す。
8:術者(馬岱)との決着もつける。
※イージスは意思を持っていますが、封印されているのか本来の持ち主でないためか言葉を発しません。 ※デイパックは馬岱に奪われました。



【ゆっくり霊夢、ゆっくり魔理沙@ゆっくりしていってね】
[道具]ランダム支給品(0~2)基本支給品×2(食料・水-1) 三国志大戦カード(UC董白)@三国志大戦、 葉団扇@東方project 包丁@現実 射命丸文のカメラ@東方project
サバイバルナイフ@現実 果物ナイフ@現実 偽起爆リモコン(4-5時間使用不可)@オリジナル 拳銃(0/6予備弾24)@デスノート
[思考]0.不明
※呂布には気付いていません。



sm124:あなたとは違うんです(住んでる世界が) 時系列順 sm128:テーレッテー!なんと腰抜けな神々の遊び!
sm125:時をかける従者 投下順 sm127:戦う理由
sm115:テラふりーだむのノリで呂布と会話してみた 呂布 sm144:呂布綺想曲 ~Double Yukkuri






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー