※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Xbox360スペック

対称型 3 コア CPU 3.2 GHz 対称型 3 コア
各コア 2 スレッド、合計 6 スレッド
各コアに VMX-128 ベクトル ユニット、合計 3 ユニット
各スレッドに 128 個の VMX-128 レジスタ
1 MB L2 キャッシュ

CPU ゲーム演算性能 90 億内積処理実行 / 秒

ATI グラッフィクス プロセッサー 500 MHz
10 MB 内蔵 DRAM (EDRAM)
シェーダー パイプラインへ動的に割り当て可能な並列 48 基の浮動小数点演算器
統合型シェーダー アーキテクチャー

ポリゴン描画性能 5 億 トライアングル / 秒

ピクセル フィル レート 16 Gサンプル / 秒、 4xMSAA 使用時 (マルチ サンプル アンチエイリアシング)

シェーダー 演算性能 480億回 / 秒

システム メモリー 512 MB GDDR3 RAM
700 MHz DDR
UMA (統合型メモリー アーキテクチャー)

メモリー帯域 メイン メモリー: 22.4 GB / 秒
EDRAM: 256 GB / 秒
フロント サイド バス: 21.6 GB / 秒

浮動小数点性能 (システム全体) 1T フロップス

DVD ドライブ: 12 倍速 (2 層対応)

I/O 4 台のワイヤレス コントローラーに対応
コントローラー 端子 x 3
メモリー ユニット スロット x 2

デジタル メディア対応 対応メディア (フォーマット): DVDビデオ、DVD-ROM、DVD-R/RW、DVD+R/RW、音楽CD (CD-DA)、CD-ROM、CD-R、CD-RW、WMA CD、MP3 CD、JPEG Photo CD
対応音楽ファイル (フォーマット): MP3、WMA
対応画像ファイル (フォーマット): JPG
対応動画ファイル (フォーマット): WMV
携帯音楽プレーヤーやデジタル カメラ、Windows XP 対応 PC に保存されているデータの再生
全ての ゲーム で使用可能な カスタム再生リスト
Windows Media Center Extender 機能内蔵
音楽再生時の 3D 視覚エフェクト

ハイビジョン ゲーム対応 全てのゲームでワイド画面 (16:9)、D4 (720p)、アンチエイリアシングに対応
ハイビジョン ビデオ出力
標準ビデオ映像出力

オーディオ サラウンド音声出力対応
48 KHz 16ビット オーディオ対応
同時にデコードできる音声チャンネル: 320
32 ビット オーディオ処理
同時発音数: 256 以上

設置方向 縦置き、横置きに対応

フェイスプレートが交換可能
Xbox360専用ハードディスクに対応

Xbox360専用ハードディスクで出来ること

ゲームデータの保存(セーブ)
体験版(デモ)のダウンロード
ハードディスク専用ゲームが遊べる
(2006年10月11日現在 FF11のみ)
音楽 CD の取り込み
Xbox360に対応している初代Xboxのソフトが遊べる