※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

セッション記録→過去のセッション感想→第41回定例セッション



第41回定例セッション 11月26日(土)

この日は私が担当するアルシャードと、イトー氏が担当するクリスタニアRPGが最終回を迎えるというシナリオの日でした。帝国編で主人公的存在になるキャラクターのプレイヤーが仕事の都合でお昼頃参加ということになり、またもう一人も遅刻となった為まずはビーストバインドとダブルクロスのキャラクターメイクや雑談でお昼近くまで過ごしました。到着予定近くになり、シーンを主人公意外からこなす事で進ませてましたが無事到着。こうしてメインシナリオに突入していくのでありました。

今回のシナリオは概ね以下の通り。

帝国編キャラクター達を2派閥に分け、各上司からの命令という形にしました。このシナリオで登場するNPCはオン・ユア・マインドで登場する”灼熱の”アイン少佐とカイラス・グーデリアン少佐。アインがクーデターを起こすので追跡せよ組と、任務中に消息不明になったカイラスを捜索せよ組。ちなみに搭乗している飛空艇は1艇な為、お互いに命令を隠しながら達成しなければ行けないという感じのロールプレイとなりました。

反帝国キャラクター達はノルン依頼組と会社関係者組に分け、遺跡に出現する奈落の情報を持っているアインから詳細を聞き出してくれ組、クーデター情報を聞きつけその任務についていたカイラスが消息不明になった為、見つけて会社組に有利なほうはどちらか?という情報を聞き出すという組。

オープニング・ミドルフェイズの前半まではこういった流れで4PTにそれぞれ動いてもらいました。この日参加者した人は8人プレイヤー14キャラクターで、私としてもこれだけのキャラクター達を相手にシナリオを考えるのは初めてでしたよ(笑)。

ミドルフェイズの後半は、まずマッカラムの動く要塞に撃ち落されたカイラス部隊の反帝国組が発見しマッカラムと交渉中止してもらうことに。そうしてるうちに帝国の飛空艇が登場し、反帝国と帝国の各面々が合間見えることに。ここでアインのクーデターの首謀者奈落が登場すべく、イベントを出しアインの体を乗っ取った奈落ボスと召喚されたダーモット王子(奈落化した)と戦うという話でした。

ここで想定内ではありますが、一番可能性の薄い選択をプレイヤーがチョイス。反帝国の一番やる気のない社員が奈落化しそうなアインの身代わりになり奈落BOSSに変身。奈落BOSSに恋心を抱いているキャラクターと、元々ハンドアウトやそれ以前の複線で用意していた帝国のキャラクターが寝返ります。戦闘後に寝返る可能性がNo1、1人ぐらい身代わり等で寝返る可能性を主眼にしてたため3名もの造反が出るとはあまり考えてませんでした。

そうして用意ししたシナリオ中、一番可能性が少ない第4の選択としてクライマックスフェイズに突入。帝国&反帝国組が不利な為ダーモット王子を倒せば終了である事をプレイヤーに告げます。・・・が、シャードの火力を集中する戦いをせずバラバラに戦闘を開始、また奈落組のダイス目の良さも加わって・・・・

奈落組が勝ちました orz

そうしてカンドーのエンディングフェイズへ。造反した主人公は、アインを討伐した恩賞を受けるべく首都に帰還表彰式を受けます。そこにいた教皇(グフタス・ヨーゼス2世)を皆が見てる前で殺し逃亡。奈落に戻り平和?に生活をします。その横には旧キャラクターだった師匠がおり、新たなる名前ダース・ベンダーという名前が与えられ二人で高笑いする所で話が終了。キャラクターの7割が死に絶えるというエンディングになりました。

結局時間が押してしまいクリスタニアが出来ず次回繰越。D&D等のキャラクターメイクの続きを完了しセッション終了となりました。