※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

セッション記録→過去のセッション感想→第24回マイナーセッション


第24回マイナーセッション 12月10日(土)

ダブルクロス[新シリーズ開始 第一話](GM よねげん)
ビーストバインド[新シリーズ開始第一話](GM 姉さん)

上記の予定で行われたセッションでした。ダブルクロスが最初に始められ、システム所持者はGMのよねげん氏他一名。この二人以外はルールを知らないという状況の中スタートしました。まずオープニングフェイズがてら、世界観やらルールに関する基本的なことを取り入れてプレイ開始。仙台市の某区ぐらいもあるという超巨大な学園都市でのお話でした。まず教師、生徒、学校関係者などいる様々なキャラクター6名を事件の解決に向け生徒会へとNPCの教頭先生が関連付けていきます。

その後は生徒会が主体となり事件を解決していくというお話で、GMも内容的に半日程度で済むと思ったのでしょう。がしかし!!!実際は夜8時までこの1本のシナリオだけで終了してしまいました。ミドルフェイズの半分が終了したのが確か午後2時ぐらいで、ここから昼食・クライマックスフェイズに突入したのは午後5時過ぎてからでした。

各自のエフェクト(スキル)も勘違いや解釈間違い、使用してみてキャラクターにそぐわない物などドンドン見つかり、戦闘シーンではルールの説明から始まり1ラウンド毎にエフェクトが入れ替わるなんて感じで終了しました。私も実に7割以上のエフェクトを交換し、メイク当初のエフェクトは何処かに行ってしまいましたよ(笑)


プレイヤー個人としての感想は、この生徒会の会長という役柄だったもので「正義」「秩序」をモットーとしたまとめ役系なキャラクターでした。PC間のコネクションの中心だったこともあり、ごく普通にちょっと熱血の入った生徒会長を演じることが出来たと思ってます。


セッション回数もこの回で65回となりました。来年初旬には70回の大台、来年中には80-90回へと向かっていくと思います。当初ソード・ワールドRPGやアルシャードなどを基幹として行われてきたセッションも、ダブルクロスやビーストバインドなどの新しいプレイタイプのシステム導入に伴い徐々に変化していくでしょう。また昔の精錬されたD&Dのようなシンプルなゲームも時折入れることで、色々なシステムを飽きないように進めていきたいと思っています。