※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

進行中キャンペーン→マイペースアドベンチャラ→シナリオ→彫像商人



定例セッション用シナリオ 「彫像商人」 RPGマガジン1992年11月号 パワープレイ用シナリオより

元々パワープレイ用シナリオとして公開されたもののアレンジ版であり、ラエルの町よりスタートする前提である。

シナリオフロー
 高給な商隊の護衛 → 地図によりミニダンジョン冒険 → ザーバック退治

導入
町の各所(自由)で依頼がある。町外れの商隊溜りとして有名な酒屋「プラチナの羽亭」で、リーダンまでの
護衛をしてくれる冒険者を探しているザーバック・ウッド。背景として「闇の嵐」と名乗る盗賊団の出没に
より最近移動が大変困難となっており、また小さい町なので中々冒険者が来なくて立ち往生していたという
前提である。

 かなり肉のたるんだ身体を豪華な服に包んだ男が数人の取り巻きに囲まれて酒を飲んでいる。
 西方エレミアの美術商人で絵画、彫像、貴金属、アクセサリー、骨董品等を扱っている。
 冒険者への報酬は1人1日250ガメル(交渉の余地あり)。破格の報酬といえる。
 翌日の朝、隊商の一行と冒険者たちはリーダン目指して旅を開始する。
 「3台の黒布張りの荷物用馬車と、人を乗せる馬車が1台、それと数人の御者と冒険者の一行だ」

 途中ワンダリングモンスター一団と「闇の嵐」の一団が攻撃を仕掛けてくる。
 ※詳細は別表参照

無事リーダンへたどり着く一行は、「闇の嵐」を撃退した冒険者への謝礼として更に「宝の地図」を貰う。
それは友人から酒場の賭けで買って貰った品で、このリーダンの近くの地図であった。古代遺跡時代の財宝の
地図とのことだが、探して何が出るかも分からず放置していた品である。

リーダンでの情報収集で分かる事
  • 近頃女の子がよくいなくなる(みんな可愛い)。
  • この町の周りは遺跡だらけ。
  • 遺跡には100歳を超える老女が住んでいるらしい。
  • 地図の場所はここから1日の所にある。

遺跡にて
 ・レンジャー技能+知識=15で地図の遺跡場所にたどり着く。
 ・入り口は石造りの扉で、高さ3mほどだ。
 ※中の詳細は別表参照

ザーバックの隠れ家
 ・遺跡の少し離れた場所の森の中にある小屋
 ・御者と一緒に休憩していた

エピローグ
 ・彫像の情報をリーダンの町に情報提供した場合は、報酬を別途一人1000ガメル貰える。