※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

進行中キャンペーン→マイペースアドベンチャラ→シナリオ→ムナトの手紙


マイナーセッション 「ムナトの手紙」

前回までの状況
リュリュを主人公としたサイドストーリー兼キャンペーンシナリオ。
ランベルによる野望が発覚したとき、トクスの屋敷から見つかった手紙はエラム、クロード、レンブランドが
受けた仕事の手紙だった所からスタートする。この時点でパーティーを分割して、リュリュとクロードは
手紙の内容が極めて不審ということで、オランに出向き真相を調査することになった。

「ナナガス殿へ 先日レイガイの町にエレミアの富豪の一人娘が宿泊した。数日滞在していたので
 部屋を掃除しようと、外出時に部屋に入ってみると水晶球が玩具の中にあった。
 それは非常に魔力を持っているようで、何か悪い予感がする。オランに行くと行っていたので
 そちらに行った際には、君が真相を究明してくれたまえ。多分君の例の研究に関係しているハズだ。
 ムナト」

  • 目的はナナガスの研究と呼ばれているものの調査(無害かどうか)。
  • 水晶球の行方の調査(ナナガスが持っているかも知れない)。
  • 邪神の宗教団体の行動について  ※うちナナガスの目的以外は任意

イベント
 1日のところに川があり、船で移動するしかない(約7~8メートルの川)。
 その先すぐのところに関所があった。
 川は自力では渡ることが出来ず、魔法の大型渡し舟をしている船商があった。
 料金は渡るだけなら500ガメル、関所もパスしたいのであれば1500ガメル必要だ。
 またコネなしで通れる関所ではないぞと脅す。
 ・お金を払う場合 → ここで夜になり関所特設の簡易宿に無料で泊まることが出来る。
 ・お金は払わない → ケチを付けられて簡易牢獄に入れられる。
 この時点でボディーチェックが成功していれば、オランでナナガスの手により刺客を送られる。
 (事前にナナガスが網を張っていた)

 無事オランに到着後、その時点で夕方となり宿を取る。 情報がとり易い。
 「ハーピィの歌声亭」 1日100ガメル
 「トロールのイビキ亭」1日 50ガメル
 「ゴブリンの屍亭」  1日 30ガメル
  情報
  ・ナナガスについては、一般では得ることが出来ない。盗賊ギルドなど特殊な場所でのみ可能である。
   昔は有能な賢者だったが、数年前から何かの研究に没頭していて見たものも少ない。
   魔術師ギルドの中でも高位な人だが、ギルドの意思に反する研究をしているらしい。
   今では、町はずれの一軒屋に一人で住んでいる。
  ・ノイソップについては、普通に知ることが出来る。
   「知られざる神々の一人」であり、オランに本拠地がある。
   詳細は「図書館」等で調べることが可能。「一人の巨人の股間から生まれた神で、愛と異性欲の神」と
   されている。
   侵入を試みた場合は、容赦なく追いかけられる(フレイヤー登場の可能性あり)。
冒険者の選択肢は、ナナガスの研究している家を見つけ出し、忍び込むなりして情報を得る以外に道はない。
シナリオの進行しだいで新しい展開になった場合は、アドリブで対処する必要がある。

プレイヤーがナナガス宅を攻めない場合は、以下の理由でおびき寄せる。
  • ムナトが手紙を発行後、几帳面で必ず返事をよこすナナガスが全く音信不通だったのと
 冒険者(エラム、レンブランド、クロード)が一向に戻る様子もなく、再度手紙を出していた。
  • メンバーが違うので、手紙を略奪してナナガスの研究の内容を横取りしようとしたと勘違いした。


ナナガスの研究とは?
「不老長寿」の研究であり、エルフ族を調べたりしていたが最近水晶球を使って神を降臨させようと
した実験があったと知り、それを応用できないかと調査していた。


設定
  • ナナガスの屋敷
  • 刺客
  • ノイソップ教団

エピローグ
  ノイソップ教団に関しては、この時点ではたいした情報を得ることが出来ない。
  がしかし、ランベルの所業については行動次第で教えても良い。

  目的はナナガスと水晶球によるノイソップ教団の無関係な事実の情報入手。