※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

評価制労働賃金法案


基本理念

労働者は業績によって評価され、労働時間を自ら選択できる。
残業という概念を失くし、サービス残業による労働への意欲低下を防ぐ。
また、評価が賃金に加算反映されることで労働意欲の向上を図ると共に、職務怠慢を抑制する。
これにより日本企業の競争力を高め、日本経済の活性化及び雇用の安定化を図る。



基礎給与と業務給与

労働者が所属団体に属することで支払われる給与を基礎給与とする。
基礎給与は現在の給与の30~70%のうち、企業が自由に設定できる。
基礎給与は昇級によってのみ上昇する。

これに対し、労働者の仕事量及びその質を評価して支払われる給与を業務給与とする。
業務給与はその歩合を団体が制定することができるが、必ず公表しなければならない。
昇級により歩合は増加する。


昇級制度

昇級は審査制とし、届出の前2年間の仕事内容、成果及び職場の人間関係などから審査される。
その際に上司の数が一定以上に達していた場合、前1年間の業績が逆転する上司がいた場合のみ昇級が可能となる。
なお、該当の可能性がある上司が病気、怪我による長期休業にある場合、休業前1年間が比較対象となる。
刑罰による拘束はこれに該当しない。



  • 途中ですが、この辺りまでで-

名前:
コメント: