※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

NeoFrontier Story


遠い昔、遥か彼方の銀河系で・・・


銀河帝国皇帝マスターシディアスは、森林衛星エンドア軌道上に、第2デス・スターの建造を指示し、同盟軍との熾烈な戦いに終止符を打つべく、様々な計略を画策していた。


その時代にあって、辺境惑星タトゥーインでは、帝国の支配の中で、唯一同盟加盟者と共に共存共栄をする不可侵都市「NeoFrontier」が存在した。


かつて、別の名を持っていたその都市は、幾度と無く壊滅的打撃を受け、予想だにしない事件さえ多発したが、市民の絶え間ない努力によって、今日まで存続してきたのである。


帝国と同盟の無益な争いで疲弊した人々は、その隠れ里とも言えるNeoFrontierの門を叩き、都市の規模は増大の一途を辿り、名の知れた都市へと変わっていった。


だが、フォースの乱れなのか、それとも外部からの予期せぬ事象によるものか…。
大打撃を受けた事象、特異点「カチョリーナ」の出現からわずか数ヶ月後に、銀河系が自己消滅するという恐るべき破滅事象「ソニータイマー」が起きたのだ。


NeoFrontier議会は、この状況をいち早く知り、都市が持つ全ての航宙艦艇を総動員して、銀河系を脱出を決行、船団の一部は飲み込まれたものの約半数の艦艇は脱出に成功した。


この後、数十年に渡る宇宙漂流の最中、様々な要因で船団はばらばらになりつつも一部が、EVE銀河系(NeoFrontier漂流者談)へと漂着したのである。
後に、この銀河にNeoFrontierの市民達が根付く事になる。
それから永い年月が流れ、NeoFrontierの子孫達と、NeoFrontier時コールドスリープで時を越えた者達が集い、かつてのNeoFrontier再興を夢見て、企業体を設立する。
それが、この辺境星域企業NeoFrontierである。
  
 
ご来店、
 ありがとう御座います。
▽現在のお客様は、
  - 人目です。
▽本日のお客様は、
  - 人です。
▽昨日のお客様は、
  - 人でした。

メニュー
トップページ
会社概要
入社条件

▼報告事項
定例会議?
Let's 社内報
社員紹介
俺の船
社内BBS

▼連絡事項
社内提案事項?
新入社員報告

▼技術事項
スキル内容
艦艇種別
兵装種別?
EVEリンク

メニュー