成美高校


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

登場人物>成美高校

成美高校野球部


  • 一条叶 (いちじょう かなえ)
物語の主人公。
無名の弱小校から甲子園に出場することを夢見て、元女子校である成美高校に入学した。
入学式当日に城崎秋人と出会い、無理矢理彼を引っ張って野球部を創設する。
テンションが高くあまり落ち着きがない。だが、時折見せる冷たい表情は同じ野球部員を震え上がらせることも。
ポジションは投手で、左のスリークォーター。左投左打。
ワインドアップモーションが特徴で、その球威はそこらの野球部員とは比べものにならない。
扱える変化球はカットボール、フォーク、シュートの三つだが、緩い変化球がないために投球が単調になりがち。
加えて制球力も悪く、ランナーをスコアリングポジションに背負うと本来の投球が出来なくなる癖もある。
打撃能力は貧弱。だが、その肩を活かし物語中盤以降は右翼手として先発出場することも。

  • 城崎秋人 (きのさき あきひと)
物語のもう一人の主人公。どちらかというと彼が真の主人公かもしれない。
入学式当日に叶と出会い、無理矢理参加させられる形で野球部を創設。気付けば副部長の座に座っていた。
冷めた性格で、基本スタンスは受け身。その観察眼はなかなかのもので、彼が野球部の真の部長と言っても過言ではない。
ポジションは捕手で、叶、加賀美、物語中盤以降からは駒田ともバッテリーを組むようになる。
曲者ばかりの投手陣が力を発揮できるのは、彼の力に寄るところが大きい。
捕球技術は宇城には劣るが野球部の中でもトップクラスで、地肩もなかなかのもの。さらに50mを6.4秒で駆け抜ける足も持っている。
が、打撃はあまり得意でないらしく、内野の後ろ、外野の前に落ちるラッキーなヒットが多い。
右投右打。

  • 姫島桜 (ひめじま さくら)
名前だけ聞けば可憐な女性だが、その実金髪ツンツン頭のヤンキー。
野球部を設立した叶に一打席勝負を挑まれ、敗北。仕方なしに野球部に入部する。
双子の姉に姫島梓がいるが、彼女が唯一の肉親である彼は彼女に危害を加えようとするものには容赦をしない。
彼が不良ぶっているのも悪い虫を梓に近づけさせないためで、根は善良、なおかつ成績優秀な少年である。
女っぽい名前に若干のコンプレックスを持っており、名前で呼ばれるのを嫌う。
野球部内でのあだ名は姉・梓の呼び方より「さっちゃん」
高い身長と左利きであることを活かすため、秋人により一塁手に任命される。
野球には二年ほどのブランクがあるため、勘を取り戻すのに苦労する。
守備、送球に若干の不安は残るものの、爆発力・長打力はあり、成美野球部において貴重な長距離打者である。
左投左打。

  • 宇城恵 (うしろ めぐみ)
黒髪ロングが映える美少女――ではなく、れっきとした男。
何があったのか女装しており、制服も女子用のものである。
屋上でのんびりと昼食を取っていた秋人の前に現れ、なし崩し的に野球部に入部する。
明るい性格で、何故か秋人に懐いている。当の秋人も彼女――ではなく彼には丁寧に接するため、秋人に恋慕の情を抱く者たちからはライバル認定される。
ポジションは二塁手。捕球技術は成美高校随一であり、『守備能力だけなら』全国区の選手と同じレベル。
だがそういう選手の宿命なのか打撃はからっきしで、なおかつ足も言うほど早くない。
穏和な性格であるが、彼を怒らせた場合には突如乱暴な言葉遣いになり、目つきも悪くなる。
その際(通称、覚醒宇城)怒りに任せたバッティングをするため、普段よりも三振が多くなるが、その分長打力が増す。
右投右打。

  • 加賀美和輝 (かがみ かずき)
関西の名門校から突如転入してきた野球センスの固まり。
自信満々の言動を裏付けする実力を持っており、おそらく成美野球部で一番頼りになる男。
二学期に転入してくるが、その時点で既に夏の甲子園に一年生ながら出場している。
「無名校から甲子園出場――そういう展開が俺は好きなんや」とは彼の談。
本来は右投右打の投手だが既に叶がエースとなっていたため背番号1を譲り、自身は穴の開いていた三塁手となる。
先発、又は叶のリリーフとして登板することもある。
扱える変化球はスライダー、カーブ、シュート、シンカー、チェンジアップの五種類。
通称『七色の変化球』で、制球力、変化球共に一級品だが如何せん球威がない。
自信に溢れた言動を繰り返すが、甲子園出場におごり高ぶらない姿勢には成美野球部全員から好感を持たれている。

  • 神ヶ谷優介 (かみがや ゆうすけ)
実家が神ヶ谷コンツェルンという、日本でも有数の巨大企業であるため、幼い頃から何一つ不自由ない生活を送ってきた。それ故に他の野球部員を見下したような態度を取るナルシスト。
あまりにも協調性がないために練習試合開始前に桜と殴り合いの喧嘩にまで発展。
そして練習試合が始まり、成美野球部が敗北を喫したところで自らの間違いを知り桜と和解、自分がどうするべきかに気付く。
ナルシスト故なのかどうなのか、身体能力は非常に高く、野球部に入部したのもそれまでプレイしていたテニスに飽きてきたところだったからである。
ポジションは機敏さが要求される遊撃手。頭も切れ、身体能力も非常に高いことから秋人に強制的に任命された。
走・攻・守と三拍子揃った選手。右投左打。

  • 村上武志 (むらかみ たけし)
入学して二日で桜のパシリとなり、野球部に入部した桜に連れてこられる形で入部。
野球初心者であるが、自分にも何かを任されることの喜びを知り精力的に練習に取り組む。
気弱ではあるが真面目で実直、芯が通った男で、秋人の過酷な練習に唯一音を上げずに着いてきた。
ポジションは左翼手。よく球が飛んでくる位置であるが、練習により劇的なまでに成長、フライはおろか、フェンスぎりぎりの球を三角跳びでキャッチすることまで出来るようになる。
右投右打で、物語序盤では全部ダメダメ。

  • 東屋龍太郎 (あずまやりゅうたろう)
超絶無口、何を考えているか不明の謎多き少年。
駒田と共に幼稚園に突入しようとしたり、恵と渡り合ったりと、その行動原理はよくわからない。
やることはしっかりこなすのでチームメイトからの信頼は篤い。
ポジションは中堅手。50mが5.9秒の俊足を活かし、外野の広範囲をカバーする。
捕球技術も平均的であり、守備能力はそれなりに高いが非力。打撃はからっきしである。
右投げのスイッチヒッター。

  • 駒田俊明 (こまだ としあき)
ロリコン。
幼女を何よりも愛するバカ。
だが入学試験の成績は学年一である。つまり変態と秀才は紙一重。
ポジションは右投左打の右翼手。物語中盤以降から投手もこなすようになる。
肩がやけに強く、それ以外は平均的、もしくは平均以下であるが、ギャラリーに幼女がおり、なおかつその幼女の声援を受けることで覚醒する。
覚醒した際の駒田はプロ野球選手に勝るとも劣らないほどの力を発揮する。

  • 成美高校基本オーダー
1番 東屋 右投両打
2番 神ヶ谷 右投左打
3番 駒田 右投左打
4番 加賀美 右投右打
5番 姫島 左投左打
6番 城崎 右投右打
7番 村上 右投右打
8番 宇城 右投右打
9番 一条 左投左打

長打を期待できるのが4番加賀美と5番姫島だけであり、その他は皆貧弱。
覚醒さえすれば駒田や宇城も爆発を期待できるが確率は低い。

マネージャー


  • 桂木吉野 (かつらぎ よしの)
秋人が居候している桂木家の長女。
秋人とは幼馴染で、彼に想いを寄せているが鈍感な秋人は気付かない。
それなりに過激なことを口走る時もある。
中学時代は秋人が主将、吉野がマネージャーとして野球部を関東大会決勝まで引っ張った。
野球センスはある。

  • 姫島梓 (ひめじま あずさ)
桜の双子の姉。
病弱で大人しい『深窓の姫君』タイプ。
だが言うことははっきり言う。駒田が苦手。
弟の桜が心配で野球部のマネージャーを務めることに。

  • 梅園紫苑 (うめぞの しおん)
正確にはマネージャーではない。
成美高校の理事長の孫娘。
幼い頃出会った秋人に一途に恋しており、その想いを暴走させ、文化祭時に野球部存続を賭けたエキシビションマッチへと発展させてしまう。
基本無口だが、一度口を開けば飛び出すのは罵詈雑言。

  • クラス編成
A組 秋人・叶・吉野
B組 駒田・東屋
C組 宇城・紫苑
D組 桜・村上
E組 神ヶ谷・梓・後に加賀美

その他成美高校関係者


  • 館山葉月 (たてやま はづき)
巨乳・眼鏡・白衣と三拍子揃ったオトナのフェロモン漂う妙齢の女性教師。教えるのは物理。
秋人の従姉妹で、同時に彼が最も苦手とする人物。
野球部の顧問に就任。とはいえ野球のことはあまり知らない。

  • 如月ゆか (きさらぎ ゆか)
時折校内で見かけられる小学生らしき少女。
その正体は知る人ぞ知る成美高校の校長である。ロリっ校長。
無邪気で甘えん坊で子供っぽい。実は本当に小学生ではないのかという噂もちらほらと。

  • 如月ユイ (きさらぎ ゆい)
クールで理知的な、成美高校の教頭。
その正体は如月ゆかの妹である。
少々抜けている姉のことを全力でサポートしつつ、野球部のことも密かに応援している。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。