※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ふむ。今年も活きのいい新人が入ってきたな。」

バタン!
「か…会長!大変です!番長の奴らが…」

「騒がしいな。少し落ち着け。
 番長グループの連中がどうかしたか?」

「や…やつら、新入生を片っ端から番長グループに勧誘していて…」

「それくらい今までもあった事ではないか。
 その程度でこの学園の均衡は崩れんよ。」

「ち、違うんです!番長の奴ら、『EFB能力者の勧誘に成功した』って…」

「本当か…?
 いや、現在この学園に入学するものはEFB指定かどうかの検査を受けている。
 今年は『転校生』もいないし、EFB指定の者もいなかったはずだが…」

「それはそうなんですが…とにかく、このままでは番長グループの勢力は増すばかりです!」

(…まさか、奴ら)
「…わかった。君は早急に『生徒会・新入生歓迎委員会』を立ち上げたまえ。
 私は少々、調べることがあるのでな。」

「はい、了解いたしました!」

「頼んだぞ」


(まさか、番長グループの奴ら…
 魔人の潜在能力を引き出すあの秘法を…?)

「それならば目には目を…
 こちらも手に入れねばな。『覚醒』の法を…
 そしてそれをもって奴らの野望を叩き潰す…!」


この日より、希望崎学園の新人歓迎活動は激化を極めた。

EFB能力を引き出す秘法…『覚醒』を巡る争い…

後に、「ダンゲロス・ルーキーズ」と呼ばれる戦いの幕はこの時、開かれた。