※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<ダンゲロス・ルーキーズ ルール>

開催日 2009年6月13日(土)、14日(日)
地形 5×7
ターン数 6ターン
進行形態 ラジオと掲示板
思考時間 1ターン目は先手20分。後手30分
2ターン目先手後手ともに30分。それ以降は1ターン20分
陣営 生徒会 vs 番長グループ
陣営分け ドラフト
スタメン 8名
増援 ランダム3名
3ターン目の自フェイズに2名出現
4ターン目の自フェイズに1名出現
位置指定
登場ターンは登場のみで行動できない
勝利条件 敵陣営の全滅 or 終了時のDPで敵を上回る
戦闘の進行 フェイズ移行型
先攻リスク 後攻陣営が封印キャラを1人指名する
封印キャラは1ターン目は能力を使えない(移動や通常攻撃は可能)
リーダーユニット ステータス+3 上限は越えないこと
DP2
獲得DP2倍
覚醒
シークレット あり
シークレット能力参照
各陣営2人まで
アイテム 通常攻撃の代わりに使用する
通常攻撃射程 同マス
命中率判定 半必中方式
瀕死 あり
必殺 なし
プリンシステム あり
精神攻撃成功率 精神:5以上で0%、3~4で25%、2で50% 1で75% 0で100%
死亡時の処理 周囲1マスの味方全員の精神マイナス1
凄惨な死の場合は周囲1マスの味方全員の精神マイナス2
応援ボーナス 事前SSシステム
提出遅延ペナルティ 1分遅れるごとに、後ろから1人ずつ行動不可。お休みキャラは含まない。
特殊能力 ガイドライン計算
基本発動率100%
制約は2つまで
ダイス 1D100(100面ダイス)
GKスタンス 基本はゲームバランスを考慮しつつノリ重視
その他 能力の「対象:敵」と「対象:任意」を区別



基本ルールと異なる点


陣営分けについて

ドラフトを参照。


半必中方式について


  • 通常攻撃の命中率は従来通りだが、命中しなかった場合でも1ポイントのダメージは与えられる。


勝利条件について


  • 「敵陣営の全滅」とは、盤面から全ての相手ユニットがいなくなった状態を言う。
  • 一時的戦線離脱であっても、盤面からいなくなれば全滅扱いとする。
  • 増援予定があっても全滅すれば終了となる。


凄惨な死について

  • 能力設計時に「この能力で死んだものは『凄惨な死』となる」と明記してあれば(発動率計算で「凄惨な死」の効果付属が含まれていれば)、必ず『凄惨な死』となります。
  • 体力を-5まで減らす(=オーヴァーキルする)と、必ず『凄惨な死』になります(但し、既に死亡しているキャラの体力が-5になった場合は除く)。
  • その他の死亡も、当日の屁理屈によりGKが『凄惨な死』と判定する場合があります(プリンシステム参照)。判定の線引きについての事前質問はできません。


精神攻撃について

  • 精神:5以上あれば成功率は0%(安全圏)
  • 精神:3~4で25%、精神:2で50%、精神:1で75%
  • 精神:0で100%


アイテムについて


  • 外伝イベントにおいて入手したアイテムのことである。
  • 現在、アイテムはプレイヤーやまいちが「ネクロノミコン(自キャラを戦線離脱)」を、プレイヤー和三盆およびプレイヤーぽぽが「性転換α(自キャラの性別をスタメン決定時に変更できる)」を所持している。


能力の「対象:敵」と「対象:任意」を区別


  • 能力対象に関して「対象:敵n体」と「対象:任意n体」は今回厳密に区別される
  • 「対象:敵n体」の能力は味方を対象に取れない。
  • 「対象:任意n体」の能力は敵味方ともに対象に取れる。
  • 「敵n体」と「任意n体」の間に数値的な違いはない
  • 「オレの能力制約って任意n体戦線離脱だから、敵を戦線離脱できますよねェ~~???」とかセコイことをしないように。

※その他は基本ルールガイドラインに準ずる