遺跡への植林・森林管理

 NW各地に出現している遺跡封印及び監視を兼ねた森林管理業務となります。
 所属としては森林組合本部所属と言う形になり、全国を回りながら森林管理を行っていく事になります。
 これには遺跡からの脅威のレベルは通常の森林管理よりもかなり高くなっている事から、通常の森林組合とは別に専属のスタッフチームを作成します。
 ですが、重要なのは 『活動は遺跡への森林管理と監視のみであり、異常に対する対処は行わない(行えない)』 と言うことです。
 元々この業務における遺跡の封印は 『遺跡周辺部などに植林を行い、木々が遺跡を封印するのを手助けする』 と言う補助的なものでしかありません。
 また、遺跡への専属のスタッフチームと言っても、作業に当たるのが各藩国の国民であることに変わりは無く、万が一の脅威に対しては充分な対応が取れない恐れがあります。
 そのため、遺跡の活性化に対する対応や抜本的な遺跡対策に関しては各藩国にお任せする形を取る事になりますので、その点はご了承ください。

作業スタッフについて
 遺跡そのものの危険性の問題から、各支部の組合員に作業を行ってもらうのでは無く専門のスタッフチームを編成して作業に当たる事になります。
 スタッフの選抜は、各藩国の支部から希望者を募り、その中から雇用規定や面接などで充分と判断された方を採用していきます。
 また、作業中に何らかの脅威に遭遇した場合を考慮し、スタッフチームの護衛要員として組合長(#のPLACE)が同行します。
 最近では操られての犯罪やテロ、麻薬中毒なども増えている事や扱うものに対して慎重を期したいということもあり、遺跡管理専門のスタッフチームの方々には定期的に健康診断などの身体チェックを実施したいと思っています。
  #身体チェックに関しては宰相府もしくは大統領府で請け負って貰う予定となっています


・お手続きの方法と各種料金
 こちらでは各種のお手続きについてご説明いたします。
料金は活動する組合員の皆様にお支払いする給料(3億にゃんにゃん/わんわん)を基本として計算しています。
 また、 1億=3マイルのレートで資金とマイルの両方で支払いをする事も出来ます。
 これらの資金やマイルは、組合員の方々への給料や本組合の活動費の他、組織アイドレスの派生開示や何らかの非常事態の際に使用する非常用資金として活用されます。

・植林の申し込み
 植林をご希望の場合、まず最初に植林する場所の申請と植林費用の支払いをしていただく事になります。
 遺跡への植林は藩国への植林とは異なり、面積単位ではなく遺跡の個数単位での取り扱いになります。
 これは各藩国によって遺跡の大きさや個数が異なる事から、面積単位では充分に植林できない場合があることからこのような形を取っています。
 また、植林の申し込みは森林管理とは別に随時行われますので、森林管理費用の支払いを行っていなくても行えます。
 申し込み後の各種申請は森林組合の方で行いますので、申し込みはBBSにある『植林申請』に必要事項を記載の上、記事を投稿して頂ければ終了となります。
  ・遺跡の植林費用:遺跡一つあたり3億or9マイル

・森林管理の申し込み
 遺跡の森林管理は藩国の森林管理とは異なり、申請時に一定額支払っていただく事で恒常的に森林管理を行う事となります。
 これは支払う資金の問題で遺跡への森林管理が充分にできず、その結果、遺跡の封印の効果がなくなってしまう事を考慮してのものです。
 その分一度に支払う金額は大きくなりますが、一度支払えば何らかの要因で遺跡の森林が消失しても再度植林を行う事もできますので、遺跡への植林を行う場合はこちらの申し込みもご一考ください。
 申し込みはBBSにある『森林管理申請』に必要事項を記載の上、記事を投稿していただく事で申し込みが出来ます。
  ・遺跡の管理費用:遺跡の数に関わらず10億or30マイル