111226 『森林保全計画協力のお知らせ』


 こんにちは。組合長の那限・ソーマ=キユウ・逢真です。
 共和国に所属する藩国の組合員の皆様に、特別業務のお知らせです。

 現在、共和国大統領府では森林保全計画として大規模かつ継続的な森林育成を計画しています。
 そして、先日その計画に、「『NW森林組合 Fairy Forest』にも協力して欲しい」との連絡がありました。
 (詳しい内容はこちらを参照してください。→大統領府 森林保全計画
 当組合は、自然環境の保護とNW各地に出現している遺跡を封印する事を目的として生まれた組織です。
 今回の計画はこの目的に沿うものであると考え、私はこの森林保全計画に協力する事を決定しました。

 具体的な業務内容ですが、当組合はセイイチロー・クロサキ氏の助言を受けつつ、今まで通りの植林・森林管理業務を行う事になるかと思います。
 どのような手順で作業を行うかは各藩国で長く森林管理業務を行っている組合員の皆様の方が理解していると思いますので、そこは各藩国支部の皆様および今回の森林保全計画の関係者の皆様でよく相談して業務を行ってください。
 ただ、今回は植物の封印行動の支援を早急に行う必要があることから、限定的ではありますが繁茂技術を併用しての木の育成が森林保全計画に盛り込まれています。
 森林に関わる組合員の皆様なら既にご理解いただけているかと思いますが、繁茂技術は決して安全なものではありません。
 大統領府でも「取り扱いは慎重に行う」との連絡をいただいてはおりますが、組合員の皆様も今まで以上に注意して作業を行うようにしてください。
 もしも、何か異常を発見した場合は身の安全の確保と組合支部や藩国政府への連絡を最優先し、決して自分たちだけで解決しようとしないでください。
 また、こちらは再三申し上げている事ではありますが、今回の業務内容と現在の情勢を踏まえますと、業務中に何らかのテロや事件に巻き込まれる可能性があります。
 業務を行う組合員の皆様は充分に注意して業務に当たってください。
 共和国各国の組合員の皆様には情勢的にも作業的にも大変なご苦労を強いる事になるかと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

/*/

 上記のお知らせ(政策)を踏まえ、『受付(技術)』を使用して下記のr:実行を行います。
 (取得根拠URL:http://cwtg.jp/syousyo/wforum.cgi?&no=4260&mode=allread#4415

 r:組合員たちと共に森林保全計画に協力する