大学院時代の仕事


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

3 査読付き論文
3-1  大学院時代
 Fumio Toda, Hisakazu Miyamoto, Shiro Kikuchi, Reiko Kuroda and Fuji Nagami (1996) Enantioselective Photocyclization of 2-Arylthio-3-methylcyclohexen 1-ones to Dihydrobenzothiophene Derivatives in an Inclusion Crystal with an Optically Active Host. J. Am. Chem. Soc., 118, 11315-11316.
 Umemura, K., Nagami, F., Okada, T., and Kuroda, R. (2000) AFM characterization of single strand-specific endonuclease activity on linear DNA. Nucleic Acids Research, 28, e39.
 Fuji Nagami, Giampaolo Zuccheri, Bruno Samorì and Reiko Kuroda.
Time-lapse Imaging of Conformational Changes in Supercoiled DNA by Scanning Force Microscopy. Anal. Biochem., 300, 170-176(2002).

4 学会発表
4-1 大学院時代(domestic)
長神風二、四ノ宮美保、黒田玲子 「ビチアゾール・アクリジンハイブリッド化合物によるDNA高次構造変化の解析」(口頭) 日本化学会 第12回 生体機能関連化学シンポジウム 1997年9月
宮本久一、菊池史郎、戸田芙三夫、黒田玲子、長神風二 「2-アリールチオ-3-メチルシクロヘキセン-1-オンの不斉光環化反応」(口頭・共著) 日本化学会 第1回有機結晶部会シンポジウム 1997年9月
長神風二、黒田玲子、梅村和夫、岡田孝夫 「ビチアゾール・アクリジンハイブリッド化合物によるDNA高次構造変化のAFMによる解析」(口頭) 日本化学会 生体機能関連化学シンポジウム(第13回)1998年9月
長神風二、黒田玲子、梅村和夫、岡田孝夫 「ビチアゾール・アクリジンハイブリッド化合物による光依存性DNA高次構造変化の解析」(口頭)日本化学会春季年会 1999年3月

4-2 大学院時代(international)
長神風二、黒田玲子、梅村和夫、岡田孝夫 "Conformational Changes in DNA Induced by Hybrid Bithiazole-Acridine Compounds as Studied by AFM" (Oral) JRCAT国際シンポジウム 1998年11月
R. Kuroda, F. Nagami, T. Okada, K. Umemura "AFM Characterization of S1 Nuclease Activity to Nicked Linear DNA" (poster) The Biophysical Society, Annual Meeting (USA) 1999年2月
長神風二、黒田玲子、梅村和夫、岡田孝夫 "AFM Characterization of S1 Nuclease Activity to Nicked Linear DNA" JRCAT国際シンポジウム 1999年11月

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。