ゲームに登場するモンスターの名前の由来を考察する アジャパノドン

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アジャパー + アノドン<ano-(否定形連結辞)+odontus(歯)>(歯のないもの/ラテン語)

アジャパー
1951年、斎藤寅次郎監督、高田浩吉主演の『吃七捕物帖・一番手柄』に出演した折、
「アジャジャーにしてパーでございます」が大うけし、
それを短くした「アジャパー」が大流行する。
1953年には、主役映画『アジャパー天国』が斎藤寅次郎監督で作られるにいたり、
「バンジュン」の愛称で主演映画が次々と封切られる売れっ子スターとなる。
伴淳三郎 - Wikipedia

アノドン
属名は、ギリシア語に由来のラテン語
「pter-(意:of wing、etc. 翼の…、ほか)+ ano-(否定形連結辞)+ odontus(意:tooth、歯)」
を組み合わせて合成されたもの。「翼があり歯が無い(もの)」との意味合いで命名されている。
プテラノドン - Wikipedia

タグ: ラテン語 芸能
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|