ゲームに登場するモンスターの名前の由来を考察する ドータクン

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

銅鐸(日本語)
銅鐸(どうたく)とは、弥生時代に製造された釣鐘型の青銅器のこと。
銅鐸は、紀元前2世紀から2世紀の約400年間にわたって作り用いられた祭器である。
これまでに出土した銅鐸は約470個である。主に近畿地方の遺跡から出土している。
大きさについては12センチから1メートルを越すものまである。
1世紀頃には高さが60センチに達し、さらに大型化が進み、
2世紀には1メートルを超え、最終的には134センチに達する。しかし、その直後鋳造が止んでいる。
文様で一番多いのが、袈裟襷文(けさだすきもん)で、縦の文様帯と横の文様帯とを交差させている。
最古級の銅鐸は、縦文様帯と横文様帯を持つ四区袈裟襷文で飾っている。
紀元前2世紀後半頃40センチを超す大型銅鐸が現れ、流水文が採用されている。
この文様は紀元前1世紀頃に衰退する。
当時の家屋など弥生時代の習俗の様子を描いた原始的な絵画が鋳出されているものもある。
銅鐸 - Wikipedia

タグ: 日本語
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|