ゲームに登場するモンスターの名前の由来を考察する エビワラー

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

海老原博幸
海老原 博幸(えびはら ひろゆき、1940年3月26日 - 1991年4月20日)は、東京都出身の元プロボクサー。
元WBA・WBC世界フライ級チャンピオン。左利きのボクサースタイルの強打者。
同じ階級のファイティング原田、青木勝利とともに「フライ級三羽烏」と呼ばれた。
(中略)
同時期のライバルであり、後に親友となるファイティング原田(新人王戦で両者は対決し、原田の判定勝ち)が
「海老原は天才だった」と言うようにボクサーとしてのセンスはずば抜けていた。
天性のリズムと絶妙のタイミングから放たれる強打は、「カミソリパンチ」と称され切れ味抜群であった。
精神力も凄まじく、数々の世界王者を育てた名トレーナー、エディ・タウンゼントも
「一番ガッツがあったのは海老原だった」と語るほどである。
パンチを紙一重でかわし、カミソリパンチでKOの山を築くという、
努力型の原田とは正反対の天才的なボクサーであった。
しかしそのハードパンチが故、ボクサーとしては致命傷といえる7度の拳の骨折を経験した。
2度目のタイトルを獲得したホセ・セベリロ戦では、
骨折した拳に打ち込んだ麻酔が試合途中で切れ、激痛をこらえて戦った。
海老原博幸 - Wikipedia

タグ: 人名
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|