ゲームに登場するモンスターの名前の由来を考察する サワムラー

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

沢村忠
沢村 忠(さわむら ただし、1943年1月5日 - )は、日本の元キックボクサー。
満州出身。本名白羽秀樹(しらは ひでき)。娘はタレントの白羽玲子。
幼少より祖父から剛柔流空手を習う。日本大学在学中に全日本学生選手権で優勝し、60戦無敗であった。
野口修はその実力を評価し、キックボクシングに勧誘。
1966年4月に日本キックボクシング協会が旗揚げされ、リングネームを“沢村忠”として参戦。
大阪府立体育館で行われたデビュー戦は
“空手vs.ムエタイ”と銘打たれた試合で、ラークレイ・シーハーマンを2RKO勝利した。
6月にはリキパレスで、ムエタイのルンピニーフェザー級8位のサマンソー・アディソンと対戦したが、
16度のダウン(19の報道もあり)を奪われ25ヶ所以上の打撲を負い、4RKO負けを喫した。
しかし、この敗北を機に特訓を積み、真空飛び膝蹴りと命名された膝蹴りや飛び前蹴りを武器にKOを重ね、活躍。
1973年には三冠を達成した読売ジャイアンツの王貞治を抑え、日本プロスポーツ大賞を獲得した。
1976年7月2日に最終試合を行い、翌年の10月10日に引退式を行った。
最終成績は、241戦232勝(228KO)5敗4分(一説には500戦以上戦歴があるともされている)であった。
彼の半生は「キックの鬼」というタイトルで漫画化(原作:梶原一騎、作画:中城健)され、
また東京放送(TBS)でアニメ化されて放送された。
以降「キックの鬼」は、沢村のことを指す代名詞として一般に定着した。
沢村忠 - Wikipedia

タグ: 人名
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|