ゲームに登場するモンスターの名前の由来を考察する モルフォン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Morpho(モルフォチョウの学名)

モルフォチョウ
モルフォチョウ(もるふぉ蝶・学名Morpho)は、
北アメリカ南部から南アメリカにかけて80種ほどが生息する大型のチョウの仲間。
分類上はタテハチョウ科・モルフォチョウ亜科・モルフォチョウ族・モルフォチョウ属に分類される。
モルフォチョウ亜科はモルフォチョウ科(Morphidae)という独立した科で扱われることもある。
体にくらべて非常に大きな翅をもち、さらに翅の表面に金属光沢をもつのが特徴である。
この光沢はほとんどの種類で青に発色する。
これは翅の表面にある櫛形の鱗粉で光の干渉が起きるため、光沢のある青みが現れる。
このような現象を構造色という。また、不規則な軌跡を描いて速く飛ぶのも特徴である。
鮮やかな翅の色を持つのは雄で、ほとんどの雌は雄よりも地味な茶色であることが多い。
鮮やかな翅の表にくらべると翅の裏は褐色や灰色のまだら模様がある。
また、翅の裏には目玉模様(眼状紋)がある種類がほとんどで、分類上はジャノメチョウに近縁とされている。
森林に生息する。幼虫はマメ科の植物を食べる。
成虫の寿命は約1ヶ月で、毒があるため捕食者はあまりいない。
成虫は花の蜜よりも腐った果実、動物の死骸、キノコなどを好む。
雄は川沿いなどをパトロール飛行する習性がある。
生息地ではしばしば蝶園で養殖され、標本は土産物などにされている。
モルフォチョウ - Wikipedia

タグ: 生物
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|