ゲームに登場するモンスターの名前の由来を考察する ダルマックン

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

達磨 + ダックン?

達磨
達磨(だるま、ボーディダルマ 382年? - 532年)。
達磨は禅宗の開祖とされ、菩提達磨(中略)、達磨祖師、達磨大師ともいう。
「ダルマ」というのは、サンスクリット語で「法」を表す言葉。
達摩との表記もあるが、いわゆる中国禅の典籍には達磨、古い写本は達摩と表記する。
「達(ダチ)」を「ダル」と読むのは、中古漢語の入声[t]が朝鮮語漢字音で流音[l]に変化したため、
達[dat]は朝鮮半島で[dal]に変わり、その音が日本に伝わったためとされる。
画像では、眼光鋭く髭を生やし耳輪を付けた姿で描かれているものが多い。
達磨 - Wikipedia

タグ:
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|