※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ALEXRIMS DH19 + SHIMANO RM60(HB&FH)

  • スペック:リム 700C 18mm 580g 32h / ハブ F100mm/R135mm / スポーク ステンレス2mmプレーン&ブラスニップル
  • 重量:フロント 975g(QR無し、リムテープ2重)/リア 多分同条件で1150g程度
  • タイプ:CROSS/TREKKING
  • 購入価格:8000円(前後ペア)(使用半年の中古)
  • 使用期間:1年半
  • 比較対象:アルミ36Hリム/フォーミュラハブ
  • 評価:5 ●●●●●○○○○○

使用感など

  • 購入後、自分で玉押し調整をしてみたが、フロントの調整がうまくできなかった。リアは初めてにしてはいい感じに調整できたと思うが、グリスをつめすぎたせいか、ラチェット音がほとんどしなくなった。
  • 振れ取りは、縦無視、横適当で使用。
  • リムの内幅18mmで、大抵のタイヤに適応できるところが良い(37C、45Cで使用)。
  • これ以前に使っていたホイールは、ハブのグリスがほとんど抜けていて、ハブ固定状態でリムが左右に5mm程動くほどのがたが出ていたので、余計に安心感が出た。
  • リアハブラチェットのノッチ数が少ないので踏み出しから駆動までに結構ラグがあるのが気になる程度だった。
  • リアジャンク状態になり、新品のDTスポーク1本とともに200円で売却
  • フロントジャンク状態で、100円で売却







添付ファイル