※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ハンドルバーカット

  • ハンドルバーを適当な長さになるように切断する
  • 今回はパイプカッターで切断した

用意するもの

  • 対象になるハンドルバー
  • パイプカッター or 金鋸&必要に応じてソーガイド
  • メジャーなど、長さを測るもの
  • 印をつけるペンなど
  • 必要に応じて切削油orその代わりになるもの(今回はとりあえず5-51で代用)
  • 必要に応じて鑢類、サンドペーパーなど

カットしたい部分に印をつける

  • グリップを外す
  • メジャーでカットしたい長さを測り、ペンで印をつける(今回はシャーペンでつけた)
  • 片側に付き1~1.5mm程余裕を見ておく
  • 例:600mm→550mmにする場合、左右それぞれ24mmあたりの所に数箇所ずつしるしをつける

切断箇所にパイプカッターを取り付ける

  • ペンで印をつけたところにパイプカッターの歯が当るようにする
  • パイプカッターは左右にずれたり傾いたりしないように注意する

パイプカッターでハンドルバーを切断する

  • 最初の1回転でパイプカッターの刃が通る筋が切断する筋とずれていないか確認し調整する
  • 調整できたらひたすらパイプカッターを回す
  • パイプカッターは数回転させるごとに刃を少しずつ締め込む
  • 切削油は気になれば少しつける程度でいいと思う(私は音が鳴ったので5-56を噴いた)



切り口を削る

  • 切り口が気になる場合は、やすりやサンドペーパーで削る
  • グリップを取り付ける

おわり

  • パイプカッターに感動する
  • 左右とも、ハンドルバーの端からストレートな部分を、レバーやグリップ等をつける分だけ残す必要がある。
  • バーエンドバーを取り付けるためにカットすることがあるが、その場合、さらに余裕を見る必要がある。
  • ちなみに、このページの画像の写真を撮ったときは左右合計で4cmカットするつもりが、余裕を見ていなかったため4.3cmほど切ってしまった。
  • ハンドルバーを左右2cmずつ短くするだけでも、素人でも分かるほど操作性が変わる。