※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

途中越(途中峠)

国道367号線、京都(京都市左京区)と滋賀(大津市)の県境にある峠。
一応北山?
  • 付近にある峠、山:百井峠、江文峠、霊仙山、金比羅山、瓢箪崩山、比叡山
  • 付近にあるもの:三千院、京都国際会館、琵琶湖大橋

峠位置 京都市左京区/滋賀県大津市
コース所在地 京都市左京区~大津市
距離 京都市:13.82km
大津市(R477):7.9km
路面距離
(計算値)
京都市:13.89km
大津市(R477):7.94km
最大標高 379m
最大高低差 京都市:288m
大津市(R477):270m
平均勾配 京都市:2.1%
大津市(R477):3.4%
スタート 京都市(R367):花園橋
大津市(R477):R161交差点
ゴール 峠位置(県境、標識有)
地図
ルート地図 京都市側
大津市側

今日都市側からの峠。
天井の無いトンネルのような印象的な峠。
柱は、コンクリート壁を支える補強?

京都市側(R367)

路面状態は全体的に悪め。
堆積物もそこそこ有る。
トンネルが1つあるが、危険度は低い。
交通量が結構あり、大型車両は凶暴な運転をするので、命の危険を感じることがある。
延々とアップダウンが続く。
距離は長いが、スピードを出さなければ貧脚でも問題なし。
R477との分岐点を過ぎれば、あと少し。
ラスト1kmの勾配がきつくなっている。
データだけなら笠トンネルまでの周山街道に似ている(雰囲気は似ていない)。
R477へ左折すると百井峠、花背峠に通じている。

大津市R477

琵琶湖大橋から山に向かって走る国道477号線を登るルート。
理由は知らないが、レインボーロードという名前がついている。
路面状態はそこそこ。
堆積物もそこそこ。
交通量は大く、大型車両は凶暴な運転をするので、命の危険を感じることがある。
県道311号線分岐点を越えてからが本番。
高架先にあるトンネルは危険。
料金所を過ぎてから峠までの約500mがしんどい。
全体を通して、段階的に勾配がきつくなっていく。
2012年、料金所は無くなった。
下りは車列に引っかからなければ、結構スピードに乗れる。

登坂走行ルート

  • 京都市側R367(○)
  • 大津市側R477(○)

登坂未走行ルート

  • 大津市側県道311(途中志賀線)ルート

大津市側からの峠。
写真で見ると印象的だが、走っているときはあまり気にならない。