※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

醍醐山の山頂への行き方がわからない。

峠位置 伏見区
コース所在地 伏見区
距離
路面距離
(計算値)
標高 454m
高低差
平均勾配
スタート
ゴール
地図
コースルート
地図
仮参考レベル

コース感


ユウレイ峠~上醍醐表参道?付近まで

ルートによって道の感じは変わると思う。
ユウレイ峠から醍醐山方面に向けてしばらく進むとT字の分岐路に行き着く。
直進する道は廃道らしいが、いけないことは無い。沢沿いに道があり、丸太橋が所々にかけられている。道が崩れているところも在るが、進める程度。最後までいっていないのでわからないが、ユウレイ峠にあった地図では上醍醐に通じていることになっている。途中までいった感じだとまさに廃道、だが、そもそもこのあたりいったいの道はすべて山の中の道なので、ここだけ特別廃道という感じはしない。
T字路を曲がると、どこに行くのかわからない感じの方向に道が伸びているが、道しるべを信じてひたすら進むと上醍醐への参拝道に行き着く。
T字路からのぼりになるまでは、自転車でいけるが、そこからはほとんど押すことになる。途中で標識の無い分岐路のようなところも在るが、おそらく炭山のどこかに通じているものと思われる。
ひたすら上っていると、山の文字が彫られた石碑(なんていうの?)が在る。
このあたりは、自転車で走れたり押したりという感じ、だった気がする。
いくつか同じような石碑を過ぎ、ピークを超えると少しの間くだりになり、開けたん道に出てゴール。
この道を左に行くと参拝道に通じている。
右に行くと、ダウンヒルの始まり。
多分醍醐山にもいけると思うが、わからなかった。

ダウンヒル(上醍醐手前の参拝道~炭山集落)

参拝道手前からしばらくはなだらかな下り。
途中のぼりの階段やら、STぽい道やらもあるが、調べる元気は無かった。
無視してしばらくいくと、家?が在る。1本の横木でゲートが作られている。
くぐって横にある看板を見ると、立入禁止と書いてある。
監視カメラのようなものも在る。
立入禁止の中から出てきたため、なんともいえない気分。
ゲートをくぐると、がけの横に作られた、段々になっているコンクリートの激坂がある。
その坂を下りきると開けた場所(駐車場?)にでる。
そこからダートの下り坂が川沿いに延びている。
しばらくいくと、今度は鉄?のゲートが在る。
あまり高くないので、自転車を向こう側に持ち上げることも可能。
もしくは面倒だが、ゲートの山側を自転車を担いで回りこむことも出来そう。
前のゲート道よ、立入禁止の看板と、監視カメラらしきものが在る。
以前一度ここまできて、踵を返して帰ったことのある場所。
ゲートがあるのでここでゴール。
この先しばらくダートを走ると、舗装路になり、炭山の集落に出る。

上り走行コース

  • ユウレイ峠から

上り未走行コース

  • その他