※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

花折峠

R367花折トンネルの上を通る鯖街道の旧道にある峠。
鯖街道最大の難所だったらしく、急勾配。
標高591mらしいが、ルートラボではなぜか578m。
笠トンネルにおける笠峠のような感じだが、こちらは私道ではなく、荒れてもいないため、走りやすい。

峠位置 滋賀県大津市
道所在地 滋賀県大津市
距離 途中側:1.17km
葛川側:1.06km
路面距離
(計算値)
途中側:1.19km
葛川側:1.07km
最大標高 578m
最大標高差 途中側:127m
葛川側:101m
平均勾配 途中側:10.8%
葛川側:9.5%
スタート 途中側:旧道分かれ
葛川側:旧道分かれ
ゴール
地図
ルート地図 途中側
葛川側


途中側からの花折峠。
2人組みの先客がいた。

途中側

短いが、登り続けた後のため結構きつい。
花折トンネルの迂回路にもなる。
怖いトンネルを走るか、きつい峠道を登るか。
路面状態:良好
堆積物等:多め
交通量等:多分無いが、オフロードバイクが走っているかもしれない。

道を横切るように水などを誘導するためのゴム板の仕切りが埋められている。

葛川側

北側で、杉林の中と言うこともあり、全体的に暗い。
杉の枝が散乱している。
路面状態:良好
堆積物等:多い
交通量:多分無いが、オフロードバイクが走っているかもしれない。

こちら側にもゴム仕切りがある。
季節的なものなのかは知らないが、路面状況は悪い。

登坂走行ルート

  • 途中側(○)
  • 葛川側(○)

登坂未走行ルート

  • 無し

途中側スタート地点。
ロープゲートがある。
担いで超えても、乗ったままR367側の腋から抜けることも可能。

葛川側スタート地点。
ロープゲートがある。
腋抜けは試してないが、多分出来る。
バニーホップが出来れば、こういうところでも使えるのだろう。

葛川側からの花折峠。
人のいる辺りに、峠の石碑がある。