※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

交野山

山のある地名が交野市で かたのし と読むため、かたのやま かと思ったら【こうのさん】だった。
自転車での走行コース自体は山頂付近は通らず、大阪府道7号線上にある峠を目指す。
峠の名称は不明だが、地名と山名からしても、交野峠というのが適当な気はする。
山頂への未舗装路もある。
ゴルフ場内の道は利用者以外通行禁止となっている。
京都のゴルフ場の場合、【そういう道】はたいてい通行できるが・・・。
これが大阪というところなのだろうか。
奈良県側、県道7号線は、くろんど池の辺りで二手に分かれている。

峠位置 大阪府交野市/奈良県生駒市
道所在地 大阪府交野市~奈良県生駒市
距離 交野市側:1.9km
生駒市側:4.72km
路面距離
(計算値)
交野市側:1.92km
生駒市側:4.74km
最大標高 306m
最大標高差 交野市側:244m
生駒市側:144m
平均勾配 交野市側:12.9%
生駒市側:3.1%
スタート 交野市側:r7折り返し地点
生駒市側:r7分岐点
ゴール 峠(電柱、標識)
地図
ルート地図 交野市側 生駒市側(くろんど池側)


交野市側からの峠。
県境にもなっている。
峠位置はわかりやすい。

交野市側

コースの大半が急勾配、ところどころ激坂。
距離は短いが、貧脚には結構ハード。
激坂区間はほとんど赤ゼブラ。
道幅は1.3~2車線の間で混在している。
路面状態:おおむね良好
堆積物等:所々多め
交通量:そこそこある

アスファルト路面にしてはかなりの急勾配。
当日はとにかく体調が悪く、TT前から足も痙攣していたが、ギア比1.5か1.33で登ることができた。
ネットで検索するとプチ暗峠という言葉がこのコースに使われることがあるようだが、
暗峠は、体調が良く、足がましな状態でも、ギア比1.5で登ることができるとは思えない。

狭い道と急勾配、カーブとがあいまって、下りは結構怖い。
その上交通量もあり、中には自転車を見つけても道の真ん中を走り続けるクルマの運転手までいる。

生駒市側

r7同士の交差点スタート。
道なり(直進、くろんど池側)が一応メインという感じがする。
峠側からの場合、直進すると溜池側に進んでしまう。
路面状態:おおむね良好
堆積物等:路肩付近は多い
交通量:そこそこある

こちら側は、反対側と違い、激坂でもなんでもない。

登坂走行ルート

  • 交野市側(○(13分23秒))
  • 生駒市側(○)

登坂未走行ルート

  • 無し

交野市側スタート地点。

生駒市側スタート地点、のつもりだったが、r7同士が交差するこの先の交差点のほうがスタート地点として適当。
そちらは未撮影。

生駒市側からの峠。
交野市側は、ゴルフ場への道が枝分かれしている。