※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

魚谷峠

【いおだにとうげ】
自転車ヒルクライムルートとしては2or3通りある。
他にもこの峠に至る道は3本程(orもっと?)ある。
一部未舗装路だが、ロードでも下手でなければ峠まで十分走れる程度。

峠位置 北区
道所在地 北区
距離 出合橋から:5.79km
路面距離
(計算値)
出合橋から:5.84km
最大標高 764m
最大標高差 出合橋から:518m
平均勾配 出合橋から:8.9%
スタート 出合橋から:交差点
ゴール 峠(交差点)
地図
ルート地図 出合橋から
ルートは結構適当だが、大体あっていると思う。
データはルートの数値参考のため、ずれがある。

峠全景。
右の道が出合橋からのルート(松尾谷)。
まっすぐ奥は石仏峠など。
後ろは雲ヶ畑、祖父谷方面。
自転車と、道標の間から山側へは魚谷山など~芹生峠。
看板左奥は医王沢。
この写真ではわからないが、左後ろから狼峠への道がある。

出合橋から

出合橋~松尾谷ルート
中津川沿いに登っていく道。
滝谷峠へと続く直谷林道との交差点まではそれほどきつくは無い坂道。
交差点から左へ別れ、松尾谷林道へ入るととたんに急勾配となる。
そのまま峠手前までほとんど急勾配が続く。
路面状態:悪路、一部未舗装路。
堆積物等:多い。
交通量:少ない(クルマはほぼ走っていない(軽トラぐらいしか走れない)が、バイクがいる)。
歩行者:ハイカーがたまにいる模様。

路面は基本的にはアスファルトだが、ところどころコンクリート、途中一箇所と最後のヘアピンカーブを曲がり終えたところから峠までが未舗装路。
上でも書いたとおり、ロードでも走れる程度(23cで走れるが、軽量タイヤや乗り手が下手なら知らない)。
途中の短い未舗装区間は貴重なほぼ平地。
最終ヘアピン後の未舗装路区間も、峠に近づくにつれ勾配がゆるくなる。
ところどころがけ崩れや一部道の崩落があるが、自転車で走ることは可能。
舗装状態は、そこまでひどいことは無いが、とにかく落石などが多い。
個人的感覚の峠到達難易度は、花脊、芹生、百井、前ヶ畑よりも高い。

石仏峠から

荒れたダート、ダブルトラック。
ところどころガレている。
石仏峠からとしているが、石仏峠からだと途中までくだりとなる。
どこから登りなのか、そもそもルートラボでは道がわからない。
非常に面倒なため、手動でルートを作ることもしない。
路面状態:未舗装悪路。
堆積物等:未舗装路。
交通量:少ない。
歩行者:少ない。

松尾谷林道とは逆に、ほぼ全域未舗装路。
ごく一部コンクリ打ちがあった気がする。

登坂走行ルート

  • 出合橋から(○)
  • 石仏峠から(○)

登坂未走行ルート

  • その他

スタート地点。
写真左が出合橋。
バス停であり、その名前にもなっている。
橋の名前は、川と道それぞれが出合うために付いたのかも。

松尾谷林道(出合橋ルート)からの峠。
自転車のある辺りから魚谷山などへ。
右奥のダートから石仏峠へ。
看板の奥の谷から医王沢へ。
左奥のピンクリボン手前辺りから狼峠へ。
ダートを左へ行くと雲ヶ畑、祖父谷方面。

石仏峠ルートからの峠。
奥へ行くと雲ヶ畑、祖父谷方面。
わかりにくいが右に狼峠へのシングルトラックが見える。
左は松尾谷林道(~出合橋)。

魚谷峠の札。
この辺りから魚谷山へ登っていく。

魚谷山への登山道付近にある札。
この松尾谷林道、舗装路の状況がひどいためダウンヒルしたくない。

看板隣にある札。
魚谷を、いおだにと読むことと関係があるのだろうか?

狼峠への登山道。