※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

笠峠

旧国道162号線廃道区間、笠トンネルの上にある峠。
自転車で走る分にはなかなかいい道だが、現在は私有地の中であり、私道?となっている。
R162旧道区間は両端と峠の右京区側、北区側の旧道端から500m程の所にそれぞれゲートがある。
特に峠付近のゲートはバリケードのごとき様相。
笠トンネルは自転車で通り抜けるには危険で怖いため、笠峠の道は自己責任で自転車通行可能な状態にしてほしい(お願い)。

峠位置 右京区
道所在地 右京区~北区
距離 北区側:2.27km
右京区側:853m
路面距離
(計算値)
北区側:2.29km
右京区側:859m
最大標高 441m
最大標高差 北区側:116m
右京区側:56m
平均勾配 北区側:5.1%
右京区側:6.6%
スタート 北区側:ゲート
右京区側:ゲート
ゴール 北区側:峠
右京区側:バリケード
地図
ルート地図 ルート地図は設定しない。

北区側からの峠。
後日、北区側からヒルクライムした際の取り直し写真。
相変わらずの廃道な雰囲気。
奥は峠の右京区側にあるゲート。
今はガードレール等もつまれているが、ガードレールはゲートとして積んだというより、アレ。
ちなみに写真左の棒状のものはさびたガードレール。
ともあれあのゲートさえなければいい雰囲気。

北区側

笠トンネルよりかなり手前のゲートがスタート。
時間帯が早すぎたり遅かったりすると門が閉まっている。
しばらく登るとバー状のゲートがある。
ゲートの先は分岐している。
右に行くと笠峠、左に行くといろいろ。
この左の道、地図を見ればわかると思うが、いろいろな道に通じていると思われる。
そういうことで、笠峠に行こうと思えば、このゲートを越えなくとも行くことはできるのだろう。
路面状態:悪い
堆積物等:多い
交通量:あったりなかったり

北区側は、右京区側よりも多少手入れがされている。
ただし、一部道が崩落していたり、なぜ撤去しないのか理解に苦しむコンクリートブロックが道に落ちていたりする。
そしてやはり路面は荒れている。
上り始めの建物には人の気配があったりする。

右京区側

笠トンネル手前にある川沿いのわき道に入り、少し行くと右手にゲートがある。
ここがスタート。
峠前にゲートがあり、コースとしてはそこでゴール。
通行禁止で、正面突破は無理。
路面状態:悪路
堆積物等:大量
交通量:基本的に無し

整備されていないため危険で問題は有るが、それを承知で走る分にはなんら問題ないように感じる程度の道。
これより危険な酷道や県道は普通に存在するわけで。

登坂走行ルート

  • 北区側(○)
  • 右京区側(○(ゲート~ゲート))

登坂未走行ルート

  • 無し

北区側のスタート地点。
昼下がりだったと思うが、門があいていたので、入らせてもらった。

右京区側のスタート地点。
ゲートは閉まりっぱなし。

右京区側からの峠。
こちらも後日北区側からヒルクライムした際の取り直し写真。
前のものより明るくて見やすい。
そこにいる怖さも明るい分無い。
以前のものも一応あげたままにしてある。