※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大菅峠

【おおすげとうげ】
県道107号線にある鳥取島根県境峠。
鳥取側は、峠道ほぼ無し。
ここでのルートは島根側のものとする。

峠位置 島根県奥出雲町/鳥取県日南町
道所在地 島根県奥出雲町~鳥取県日南町
距離 4.02km
路面距離
(計算値)
4.05km
最大標高 606m
最大標高差 228m
平均勾配 5.7%
スタート 交差点
ゴール
地図
ルート地図 大菅峠道

島根県側から峠を撮影。
鳥取県境標識辺りが道の峠位置。

島根県側

民家があるうちは勾配もさほどではない。
民家が途切れると勾配もきつくなる。
途中から道が細くなり林道の様になる。
分岐点はr107を選ぶようにする。
路面状態は、2車線の間は良好、1車線になるとちょっとあれる。
堆積物は、2車線の間は少なめで、1車線になると多くなる。
交通量は少なめ。

登坂走行ルート

  • 島根県側(○)
  • 鳥取県側(○)

登坂未走行ルート

  • 無し

image plugin error : ファイルが見つかりません。 (chttp://www19.atwiki.jp/mishakuji?cmd=upload&act=open&pageid=278&file=oosuge_touge_03.jpg)
スタート地点。
右に行くと船通山、万才峠。

スタート地点別アングル。
奥に伸びている道の先に大菅峠がある。

山県そば。
有名なのかどうかは知らないが、結構客は着ている様に見える。
蕎麦打ち体験ができるらしい。

鳥上木炭銑工場。

鳥上木炭銑工場先の分岐点。
橋を渡って直進する。

大菅峠と市原峠への分岐点。
r107の右へ進む。

峠を鳥取県側から撮影。
写真は4月中旬のものだが、雪が多かったため、5月になっても雪が残っていた。
当然山の中の木陰には普通に雪が残っている。

鳥取県側で霧発生中。
なんとも幻想的な風景だが、山ではよくあること。