※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

マウンテンスミス ツアーパック


使用感など

  • 個人的には、かなり使い勝手の良いサイズ。
  • 結構古いもののため、特有の内部コーティング劣化による悪臭やべたつきが少しある。
  • 見た目や、触った感じ、パッドから来る想像よりもフィット感は良い。
    • 通気性はとても悪い、というか考えられていない。
  • ベルトフラップ?も、見た目や触った感じは頼りないが、実際のフィット感は良い。
    • 荷物が1kg超えてくるとパッドなどクッションがないため、痛くなってくる。
  • ベルトにもバックルにも滑り止めの工夫がないため、装着しているとベルトが伸びてしまう。
    • そのためずれて余計痛くなる。
  • ポケットや機能など
    • 本体とその内部に浅いチャック付フラップポケット(パッド用仕切りは除外)
    • 外側にチャックつきポケット
    • 両サイドにメッシュポケット
    • 手提げ用ループ、ワンショルダーストラップ(細い)、多用途ループ?等
    • デルタコンプレッション(フィッティング調整機能)
  • バックルが重く、全体も軽くはないが、生地は薄めで軟らかい。
  • メッシュポケットの、ドローコードの通し方に納得がいかない。
  • 強度に問題はないのかもしれないが個人的には不安。
    • その他のつくりも含め、耐久性はそれほど高くない気がする。
    • 内部コーティングの耐久性は低い。
  • 2004~2005年ごろのものらしく、黒山タグでSEWN IN U.S.A.。
  • PACKとついているが、現TOURのこと。
  • 現在のTOURは山無しのロゴに変わり製造国もベトナム(か、その他アジア)製になっている。
    • 8リットル化、ストラップベルト接続バックル化、ベルトにパッド追加、本体パッド固定化etc...
    • こだわる人は初期ロゴの雪山タグ(黒山部分が白い)のものにこだわるらしい。








添付ファイル