※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

神明峠

【しんめい】峠
保津峡の北にある峠。
この峠は、府道50号線のピークではなく、坂の途中にある。
理由は峠の分岐路に起因し、昔は神明峠ではなく鼓峠という峠になっていたため。
分岐路の方は下っているため、分岐路を基準に考えると、この地点が峠になる。
r50が峠になっているのは神明峠から2キロほど北に行ったところ。
この先ずっと進むと日吉ダムに行くことができる。
  • 付近にある峠、山:愛宕山、地蔵山、竜ヶ岳、明智越え
  • 付近にあるもの:清和天皇陵、水尾集落

峠位置 京都市右京区/亀岡市保津町
r50峠:保津町
コース所在地 京都市左京区~亀岡市保津町
距離 保津峡橋から:5.41km
愛宕林道:4.11km
路面距離
(計算値)
保津峡橋から:5.45km
愛宕林道:4.12km(林道標より)
最大標高 保津峡橋から:404m
最大高低差 保津峡橋から:329m
愛宕林道:269m
平均勾配 保津峡橋から:6.1%
愛宕林道:6.5%
スタート 保津峡橋から:保津峡橋分岐点
愛宕林道:林道起点ゲート
ゴール 林道との分岐点
地図 Yahoo!地図(神明峠)
Yahoo!地図(r50峠)
ルート地図 保津峡橋から
愛宕林道

保津峡側から撮影。
写真のとおり、峠というか、峠道の途中。

保津峡橋から

神明峠にとっての下六丁峠は、愛宕山にとっての試峠のようなもの。
路面状態:良くも悪くも無い程度。一部舗装が痛んでいるところや、濡れているところ等ある。
堆積物等:水尾集落以降の山中は多め。
交通量:少ない。たまに多い。
他、地元の人とハイカーなどがちらほらいる。

途中水尾の集落を抜けることになる。
水尾集落を抜けて1つめか2つ目のカーブにある山側のガードレールに、青のスプレーで【もうすこしだぞ】とかいてある。
実際に神明峠まではもう少しだが、r50の峠まではまだまだ長い。
神明峠手前までは飛びぬけて急勾配があるわけでもなく、ただひたすら体力勝負。
寒い時期は路面凍結等があるので注意。

廻り田池から


愛宕林道

この林道、道標にも愛宕林道とある。
もっと麓のほうにある看板には、林道愛宕線とある。
路面状態:悪い
堆積物等:非常に多い
交通量:ほとんど無い
他、ハイカーなど歩行者が少しいる。

池の少し前まで川沿いを走る。
そこから池まで短距離急勾配。
2つの池を過ぎ、愛宕支林道(左)との分岐を過ぎると勾配があがる。
この辺りから林道終点までコンクリート舗装だったような気がする。
ゲートを抜けてゴール。
ところどころきついところはあるものの、この手の道によくあるえげつなさは無い。


登坂走行ルート

  • 保津峡橋から(○)
  • 廻り田池から(○)
  • 林道愛宕線(○)

登坂未走行ルート

  • 無し

スタート地点側から撮った保津峡橋。
なかなか良い感じだが、落書きで台無し。

【もうすこしだぞ】と書かれたガードレール。
現在は、ほぼ消えている。
水尾の集落を抜けた後の1つ目の急カーブのところにある。
これを通過したあと少し行くと、ハーフパイプを伝って流れ出ている水がある。
飲めるのか気になるところだが、足は付きたくない。
水尾の集落には、コカコーラの自販機と、同じ場所に農協の売店?がある。他にも休憩できそうなところがある。

坂の上側から撮影した神明峠。
神明峠の看板が背中合わせに設置してあるところからすると、この看板の間が峠ということになる。
写真ではわかりづらいが、保津峡川から、この峠が見える手前のカーブの前の道あたりからかなりの急勾配になる。
車が止まっていたのが残念。

上とは別の日の神明峠。
カメラも違う。

神明峠の峠位置。
何故、ここを鼓峠という名から変えず、r50峠に神明峠と名をつけなかったのだろうか。
ゲートを越えると悪路っぽいくだりになっている。
一般車両の通行は禁止のようだが、自転車は通行可能。

愛宕林道起点スタート地点。
自転車は右から抜けられる。

起点の支柱。

愛宕林道終点。
自転車は右から抜けられる。