※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

長坂道(京見長坂)

今まで走行した京都市アスファルト舗装路車道中、最急勾配の激坂区間を有する道。

  • アスファルトやのに千束の坂どころちゃう。>千束は別にフロントリフトもしない程度。
金閣寺正面のきぬかけの道~鏡石通を道なりに進み、然林房横の坂を上らずに直進するとたどり着ける。
京見峠の旧道?
鏡石通りは住宅地を過ぎると木陰の道になり、夏は涼しく、紅葉の季節は葉が色づく。

峠位置 京都市北区
道所在地 京都市北区
距離 2.26km
路面距離
(計算値)
2.28km
最大標高 412m
高低差 271m
平均勾配 12%
スタート 電柱カーブミラー交差点
ゴール 峠位置
地図
ルート地図 長坂道~京見峠

峠未撮影。

長坂道

長坂といっても、r31京見峠より短い。
舗装林道で、r31のようなヘアピンカーブもない。
其の分急勾配。
激坂区間はタイヤがスリップしないようにトラクション注意。
激坂区間はトラクションをかけようとしすぎるとフロントリフトしてしまう。
  • そもそもよほどのドロップポジションでないと、シッティングではフロントリフトしてしまう。
道は細く、基本的に細い1車線。
舗装状態:あまり良くない。
路面状況:自然堆積物が結構ある。
交通量等:ほとんどないが、軽トラや、何故かタクシーがたまに通る。
時期によって大スズメバチが飛び回っている。
勾配変化は、急勾配→最大傾斜→緩勾配→急勾配→勾配がなくなってr31と合流、という感じ。

登坂走行ルート

  • 長坂道(○)

登坂未走行ルート

  • 無し

長坂道のスタート地点。
T字路に電柱カーブミラーが目印。
自転車の止めてある横に長坂の石柱?あり。
道の先で右に曲がっているが、曲がってからが本番。
1、2回目の挑戦は、ともに前半の急勾配で足を付いた。
3回目の挑戦で足を付かずに峠到達。