※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

SHIMANO XTR FD-M960

  • 購入価格:4000円(中古)
  • 比較対象:FD-M570
  • 評価:3 ●●●○○○○○○○

使用感など

  • このレビューはシマノ想定外どころかありえない組み合わせによる使用感想です。
    • 実際の使用感とは大きく異なる可能性があります。
    • 互換性を無視した組み合わせによる使用は自己責任で。

  • トップスイングのFDはどのグレードも大して目立たないので安物にXTRでも浮かないのがいい。
  • デュアルプルと、内側プレート幅拡大、クランプ径の違いのためか、FD-M570より重い。
  • バンドアダプター(クランプ径を変換するシムみたいなもの)を利用している。
  • 取り付け位置が、通常位置合わせの基準よりもかなり高い。
    • ギア構成が、44-36-22のため。
  • 取り付け位置のせいか、シフトダウンのパワーがたいしたことないのが残念。
    • FD-M570よりかはある。
    • XTRでこれだと、この件に関してはあきらめるしかなさそう。
  • 交換の場合、チェーンを切る必要があるのが難点。
  • FD-M570でもカットされていた、プレートつなぎ目部分後ろ端がカットされていない。
    • XTRなのでコストの問題ではないと思うが、これはひどい。
  • 変速性能の差は小さいようなのでFDはXTRにする必要がなさそう。
    • FD-M570の出来を考えればXTで十分だと思う。
  • 内プレートの下側が、もう少し狭ければよかった。




添付ファイル