※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

手組みリアホイール1作目

使用感など

  • Vブレーキと6ボルトディスクで使え、700x40C以上のタイヤが履けて、山の中も走れる、壊れにくいことを目標に作ったホイール。
  • 重い。比較対象比で40%重い。
  • フリーラチェットのノッチ数が比較対象より多くていい感じ。
  • ラチェット音は、シティーサイクルの音よりかなり小さい程度。
  • 今思えば、比較対象のフリーにはがたが来ていた気がする。
  • 基本的に街乗りや舗装路がメインなので、用途がまったくあっていない。
  • ハブフランジの直径が大きすぎて、シマノのスポークプロテクターが使えない。
  • 耐久性に期待(シールドベアリングが不安材料)。

  • このホイールに交換する前から分かっていたことだが、リアエンドは左に2-3mmずれていることが確認できた。