※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ユウレイ峠

日野岳の北、一言寺の東、炭山集落奥の西、醍醐山の南に在る峠。
日野岳や、醍醐山方面からだと、のぼりではなく下りになる。
分岐路が多い。

2009/11/28
炭山側のスタート付近の1つ目の丸太橋が壊れていた。
川を渡ることは可能。

峠位置 伏見区
コース所在地 伏見区~宇治市
距離 一言寺裏側:1.67km
炭山側:789m
路面距離
(計算値)
一言寺裏側1.71km
炭山側:802m
標高 301m
高低差 一言寺裏側:250m
炭山側:82m
平均勾配 一言寺裏側:15%
炭山側:10.4%
スタート 多数あり
ゴール 峠位置
地図 Yahoo!地図多分この辺
ルート地図

峠付近(西側?伏見側を撮影)。
コンクリートの台座?がある。
奥に行くと醍醐、手前に行くと炭山側、右に行くと醍醐山、左に行くと日野岳。

一言寺裏手

地図を見ると、これが伏見側からの唯一のルートに見える。
自転車で登るような道ではなく、トレッキングシューズ履いて登山する道。
金属製の橋を渡ってから、鉄塔の下に出るまでが特にひどい。
鉄塔を越えた後は、勾配もずっとましになり、多少乗れるようになる。
牛馬の道に合流してからは自転車に乗って移動でき、道なりに登ればユウレイ峠に到達できる。
スタート→未舗装路→竹藪→ST→橋→ST→鉄塔→ST→牛馬の道→ゴール(ユウレイ峠)
鉄塔までたどり着いたら帰るのはもったいない。
交通量は無が、もしかしたらトライアル車がいるかもしれない。

醍醐山麓付近(炭山側)

未舗装路の途中にあるガードレールつきの橋の横にSTの入り口が在る。
このあたりなら、入り口にこだわらずともどこからでもスタートできる。
多分地図で確認できる川沿いに在る破線がそれ。
前半は、小川にかかった丸太で組んだ橋を何度も渡りながら進む。
後半は結構自転車に乗って登れるが、峠付近は厳しい。
テクニックと脚力しだいで足を付かずに登ることが出来ると思う。
基本的に交通量は無いが、もしかしたらオフロードバイクがいるかもしれない。

醍醐山周辺(伏見側)

  • 竹林やらから~牛馬の道~ユウレイ峠
少なくとも下りはこの道が一番良いと思う。
なだらかなSTがひたすら続く。
途中軽く道が崩落しているところや、小さな沢がある。
森との境界に分岐点がある。
鉄塔があるほうは麓へ続いている。
森に入ると牛馬の道。
鉄塔の反対の道は醍醐山の麓(府道782号線)。

日野岳~ユウレイ峠

基本的に下り。
そこそこ自転車に乗ったまま下れる。
パノラマ岩を通るルートと、迂回するルートが在る。
ST。

醍醐山~ユウレイ峠

逆方向にしか走ったことは無いが、ST+DTという感じ。

登坂走行ルート

  • 一言寺裏手?の竹やぶから
  • 炭山側の醍醐山麓付近から
  • 日野岳~ユウレイ峠(上りではないが)

登坂未走行ルート

  • それ以外

一言寺裏手のスタート地点。
裏手といっても、寺は竹やぶの向こう側にあるのでまともに見えない。

スタート→未舗装路→竹藪→山道ときて少し行くとある。
この左にも道があり、竹やぶの中の別の道と通じてるものと思われる。
先にも道はあるが、右の橋を渡った。

道なりに登ると、鉄塔の下に出る。

鉄塔から森に入りしばらく行くと牛馬の道に合流する。
写真はユウレイ峠よりの牛馬の道から撮影したもので、右が牛馬の道の続きで、左が今まで登ってきた道。
鉄塔からここまでは、金属の橋から鉄塔までより、ずいぶん楽。
途中で分岐路があるので、左(まっすぐ山に向かう側)に進む。
この写真からユウレイ峠までは、ほぼ自転車に乗って走れる。

牛馬の道をしばらく行くとある分岐点。
右はおそらく供水峠付近に通じている(多分途中で鉄塔と牛馬の道の間にある分岐から伸びた道ともつながっている)。

幽霊峠の右側にある松と、その根元付近にある地図。
この松の向かい側に日野岳への道がある。
長坂峠から入っていったトライアルバイクのタイヤ痕は牛馬の道に続いていた。

上の写真の写っている、峠にある地図。
どの方面に何があるか、ということが確認できる(詳しくはない)。

峠にある小さな札。
日野岳から降りてくる道の横の木についている。

この写真ではわかりづらいが、サドルの奥辺りに、炭山方面へのSTがある。
左の道は上醍醐方面へのST。
写真では確認できないが、この右には日野岳へのSTが(2本)ある。

炭山方面から峠方向を撮影。
本当に山の中にある峠と言う感じ。

炭山側のST入り口。
左にある橋の先の道はカーブしていたと思う。
写真では、左に行くと炭山の集落に、右に行くと醍醐山に向かうことになる。
近くにわかりづらいがSTの入り口が在るが、どこに通じているのかもわからない。

以降は、牛馬の道を下って行った先の大きな分岐路から。

森から出てすぐにある分岐点(ユウレイ峠側から撮影)。
左に鉄塔があり、右はSTが続いている。

先程の分岐炉を左に行った先の鉄塔。
写真の中の鉄塔の左足の奥に先程の分岐路付近が見える。
撮影位置はこれから降りていく道辺り。
ここから勾配が急になる。

鉄塔から主線ぽいSTを進むと、別のSTに行き当たる。
撮影位置から自転車までの間の道は崩落している。

崩落した道の下から。
写真ではいまいちわかりづらい。

行き当たったSTを右に進むとこんな場所に出る。
中央の盛り上がったところから→奥に、溝沿いに道が続いていて、しばらく行くと府道782に出る。
左奥に進むとすぐに府道782に出られる。

行き当たったSTを左に進むと、舗装路に出る。下って開いたゲートを抜けるとここに出る。
そのまま下ると旧奈良街道に出る。
添付ファイル