※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ParkTool TS-2.2

  • 購入価格:30000円(新品)
  • 使用期間:ホイール2本分
  • 比較対象:自転車のエンド+Vブレーキ
  • 評価:2 ●●○○○○○○○○

使用感など

  • ものの割りに高すぎ。
  • センターを出して使えるようにするためにさらに手間と金がかかる(専用工具など、+15000~20000)。
  • 調整工具ぐらい付属品としてセットにしておいてほしい。
  • 別にセンターが出ていなくても使えないことは無いが、それはつまり振れ取り台じゃなくてもいいという話になる。
  • 専用調整工具まで買う気にならなかったので、センターがめちゃくちゃなまま使っている。
  • センターが出せていない場合、センターゲージが必要になる。(出ていても確認のために使うことになると思うが)
  • 2chなど各所で精度が高いなどと評判だが、実際には大して精度が高くなく、がたつきまであって話しにならない。↓
  • 素人ではがたつきの修正等はできない。
  • 振れ取りゲージ?の調整用ナットがところどころなめていて、プラスチック系のスペーサーのようなものが割れている。
  • ところどころ構造的欠陥がある。素人でも分かるような。
  • ちなみにBuilt By M.M。M.Mさん、粗悪な製造&組み立てしないでください。3万損した気分です。
  • 正直なところ、TS-2.2がこの程度の精度しかないのであれば、どれも大差ないと思う(これより高いの以外)。
  • 使ったことはないが、MINOURAの振れ取り台セットでも十分という話もある。
  • ただし、MINOURAのものは軽く、剛性が低そうに見える。TS-2はその点、がたつきはあるが、そこそこ剛性はある。
  • ホイールをセットしたときだけはさまになっている。
  • 単体では使えないので、ベース台のTSB-2か、小型の万力などで台に固定する必要がある。
  • ハブを固定する際に、〆すぎるとずれるので注意。







添付ファイル