部品構造


  • 大部品: 保育士 RD:12 評価値:6
    • 部品: 保育に関するルールを守る
    • 部品: 養護と教育
    • 部品: 知識
    • 部品: 保育士の修行
    • 部品: 包み込む雰囲気
    • 部品: 話し方
    • 部品: 服装
    • 部品: 音楽知識
    • 部品: 表現の知識
    • 部品: 遊びの知識
    • 部品: 手先の器用さ
    • 部品: 保護者支援



部品定義


部品: 保育に関するルールを守る

世の中には様々なルールがある。保育士はルールを知り、守ってこそ安全な保育ができる。そしてそれは社会人として当たり前のことでもある。

部品: 養護と教育

保育士は養護と教育が一体化された保育を行う。養護とは養育し保護すること。教育とは意図的な働きかけによって望ましい方向に変化させることをいう。

部品: 知識

保育士は医療、栄養、保健衛生、子どもの発達に関する知識などを持っている。それらを使いながら保育を行っている。

部品: 保育士の修行

保育士になるには児童福祉施設に5年以上勤め国家試験を受けるか、3年以上の保育養成校を卒業し、実習を行う必要がある。

部品: 包み込む雰囲気

子どもたちのありのままをまず受け止めて、そのうえでよりよい方向に育つよう働きかける仕事である。そうあろうと努力した結果、包容力を身につけた。

部品: 話し方

子どもでも理解できるような言葉を選び、簡潔な言葉でゆっくり丁寧に話すことで伝わりやすい話し方になる。

部品: 服装

子どもたちと一緒になって遊ぶため、清潔で動きやすい服装をしている。エプロンをつけている保育士も多い。

部品: 音楽知識

歌をうたったり、楽器を演奏したり、手遊びをしたり、保育士は音楽に関する知識を持ち保育に生かしている。

部品: 表現の知識

絵を描くための画材や紙の知識、工作のやり方や道具の使い方、楽器の持ち方、踊りの仕方など様々な表現の方法を知っている。

部品: 遊びの知識

年齢に合わせた遊びを提供するのも得意なことである。異年齢の子どもがそれぞれ楽しめるようにルールを調整したり危なくないように見守る。

部品: 手先の器用さ

保育士は発達にあったおもちゃを手作りすることも多い。そのため裁縫や工作などをするうちに手先が器用になった。

部品: 保護者支援

専門職として保護者の育児に関する悩みの相談をうけるのも保育士の仕事である。必要に応じて関係機関につなげていく。



提出書式


 大部品: 保育士 RD:12 評価値:6
 -部品: 保育に関するルールを守る
 -部品: 養護と教育
 -部品: 知識
 -部品: 保育士の修行
 -部品: 包み込む雰囲気
 -部品: 話し方
 -部品: 服装
 -部品: 音楽知識
 -部品: 表現の知識
 -部品: 遊びの知識
 -部品: 手先の器用さ
 -部品: 保護者支援
 
 
 部品: 保育に関するルールを守る
 世の中には様々なルールがある。保育士はルールを知り、守ってこそ安全な保育ができる。そしてそれは社会人として当たり前のことでもある。
 
 部品: 養護と教育
 保育士は養護と教育が一体化された保育を行う。養護とは養育し保護すること。教育とは意図的な働きかけによって望ましい方向に変化させることをいう。
 
 部品: 知識
 保育士は医療、栄養、保健衛生、子どもの発達に関する知識などを持っている。それらを使いながら保育を行っている。
 
 部品: 保育士の修行
 保育士になるには児童福祉施設に5年以上勤め国家試験を受けるか、3年以上の保育養成校を卒業し、実習を行う必要がある。
 
 部品: 包み込む雰囲気
 子どもたちのありのままをまず受け止めて、そのうえでよりよい方向に育つよう働きかける仕事である。そうあろうと努力した結果、包容力を身につけた。
 
 部品: 話し方
 子どもでも理解できるような言葉を選び、簡潔な言葉でゆっくり丁寧に話すことで伝わりやすい話し方になる。
 
 部品: 服装
 子どもたちと一緒になって遊ぶため、清潔で動きやすい服装をしている。エプロンをつけている保育士も多い。
 
 部品: 音楽知識
 歌をうたったり、楽器を演奏したり、手遊びをしたり、保育士は音楽に関する知識を持ち保育に生かしている。
 
 部品: 表現の知識
 絵を描くための画材や紙の知識、工作のやり方や道具の使い方、楽器の持ち方、踊りの仕方など様々な表現の方法を知っている。
 
 部品: 遊びの知識
 年齢に合わせた遊びを提供するのも得意なことである。異年齢の子どもがそれぞれ楽しめるようにルールを調整したり危なくないように見守る。
 
 部品: 手先の器用さ
 保育士は発達にあったおもちゃを手作りすることも多い。そのため裁縫や工作などをするうちに手先が器用になった。
 
 部品: 保護者支援
 専門職として保護者の育児に関する悩みの相談をうけるのも保育士の仕事である。必要に応じて関係機関につなげていく。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "保育士",
     "type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "保育に関するルールを守る",
         "description": "世の中には様々なルールがある。保育士はルールを知り、守ってこそ安全な保育ができる。そしてそれは社会人として当たり前のことでもある。",
         "type": "parts"
       },
       {
         "title": "養護と教育",
         "description": "保育士は養護と教育が一体化された保育を行う。養護とは養育し保護すること。教育とは意図的な働きかけによって望ましい方向に変化させることをいう。",
         "type": "parts"
       },
       {
         "title": "知識",
         "description": "保育士は医療、栄養、保健衛生、子どもの発達に関する知識などを持っている。それらを使いながら保育を行っている。",
         "type": "parts"
       },
       {
         "title": "保育士の修行",
         "description": "保育士になるには児童福祉施設に5年以上勤め国家試験を受けるか、3年以上の保育養成校を卒業し、実習を行う必要がある。",
         "type": "parts",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "包み込む雰囲気",
         "description": "子どもたちのありのままをまず受け止めて、そのうえでよりよい方向に育つよう働きかける仕事である。そうあろうと努力した結果、包容力を身につけた。",
         "type": "parts"
       },
       {
         "title": "話し方",
         "description": "子どもでも理解できるような言葉を選び、簡潔な言葉でゆっくり丁寧に話すことで伝わりやすい話し方になる。",
         "type": "parts"
       },
       {
         "title": "服装",
         "description": "子どもたちと一緒になって遊ぶため、清潔で動きやすい服装をしている。エプロンをつけている保育士も多い。",
         "type": "parts"
       },
       {
         "title": "音楽知識",
         "description": "歌をうたったり、楽器を演奏したり、手遊びをしたり、保育士は音楽に関する知識を持ち保育に生かしている。",
         "type": "parts"
       },
       {
         "title": "表現の知識",
         "description": "絵を描くための画材や紙の知識、工作のやり方や道具の使い方、楽器の持ち方、踊りの仕方など様々な表現の方法を知っている。",
         "type": "parts"
       },
       {
         "title": "遊びの知識",
         "description": "年齢に合わせた遊びを提供するのも得意なことである。異年齢の子どもがそれぞれ楽しめるようにルールを調整したり危なくないように見守る。",
         "type": "parts"
       },
       {
         "title": "手先の器用さ",
         "description": "保育士は発達にあったおもちゃを手作りすることも多い。そのため裁縫や工作などをするうちに手先が器用になった。",
         "type": "parts"
       },
       {
         "title": "保護者支援",
         "description": "専門職として保護者の育児に関する悩みの相談をうけるのも保育士の仕事である。必要に応じて関係機関につなげていく。",
         "type": "parts"
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]