部品構造


  • 大部品: 漢方医 RD:31 評価値:8
    • 大部品: 漢方医の心得 RD:7 評価値:4
      • 部品: 生涯学習
      • 部品: 物理域への理解(まぜるな危険)
      • 部品: 資質の向上
      • 部品: 人格尊重
      • 部品: 公共性
      • 部品: 医療に関する法の順守
      • 部品: 自然を守る
    • 大部品: 知識 RD:8 評価値:5
      • 部品: 6年間の漢方医学生活
      • 大部品: 医学知識 RD:6 評価値:4
        • 部品: 人体への理解
        • 部品: 東洋医学の基礎知識
        • 部品: 地域医療実習
        • 部品: 生薬に対する知識
        • 部品: 臨床実習で得た経験
        • 部品: 正確で速い判断
      • 部品: 調剤知識
    • 大部品: 漢方医として必要なこと RD:6 評価値:4
      • 部品: 手先の器用さ
      • 部品: 粘り強さ
      • 部品: くじけない心
      • 部品: 自制心
      • 部品: 息抜きのための趣味
      • 部品: 見なりを整える。
    • 大部品: 漢方医の道具 RD:10 評価値:5
      • 部品: 調剤道具
      • 部品: 調量器
      • 部品: さじ
      • 部品: 軟膏用具
      • 部品: 清潔な布
      • 部品: かまどや鍋
      • 部品: 清潔な刃物
      • 部品: 清潔な縫合セット
      • 部品: 漢方薬
      • 部品: 清潔な衣類の着用



部品定義


部品: 生涯学習

漢方医はつねに医学の知識と技術の習得に努めるとともに、その進歩、発展に尽くす。つまり生涯を通じての学びの姿勢が求められる。

部品: 物理域への理解(まぜるな危険)

世界に存在する物理域について理解し、西洋医学や魔法医学と混ぜると危険なことを知り、西洋医学の医師と協力はするが混ぜないようにする。

部品: 資質の向上

医師とは命を左右する職業である。そのことを深く理解し、職業の尊厳と責任を自覚し、教養を深め、人格を高めるよう心がける。

部品: 人格尊重

漢方医は医療を受ける人びとの人格を尊重し、やさしい心で接するとともに、わかりやすい説明を心がけ、医療を受ける人びとが理解しやすいようにする。

部品: 公共性

誰でも病気や怪我をすることがある。漢方医は医療が社会全体に開かれていることを理解し、そうあるように努める。そのため医業にあたって営利を目的としない。

部品: 医療に関する法の順守

信頼される漢方医は漢方医としての法を守るのは当然である。そしてそれが患者や漢方医のためにもなるのだ。

部品: 自然を守る

漢方医は自然の恵みを用いて医療を行う。そのため自然について詳しくなり、その保全や保護のため力を尽くしている。植樹などを行ったり、採取に行った際の自然の状況についてよく見て、政庁に知らせたりしてくれている。

部品: 6年間の漢方医学生活

漢方医になるには、指定された6年制の大学校で漢方医として必要な単位を取得し、臨床実習を行ったうえで国家試験を受ける必要がある。

部品: 人体への理解

漢方医も医師であるので人体や精神について知っていなければならない。健康な状態にはどうなのかということを知ることで診断が行えるからである。

部品: 東洋医学の基礎知識

気血水理論、陰陽五行理論、表裏と虚実など、東洋医学について理解を深め、知識を自分のものにしていなければ診断にならないのでしっかり学んでいる。

部品: 地域医療実習

漢方医になるためには実習も欠かせない。地域にいる漢方医の診察の様子を見ることで、医療現場の実際の様子を知り学問に対する理解を深めていく。

部品: 生薬に対する知識

漢方薬は、天然に存在する薬効をもつ産物から有機成分を精製することなく体質改善を目的として用いる生薬を用いることが多々ある。そのため薬草や鉱物など生薬に関する知識は欠かせない。

部品: 臨床実習で得た経験

多くの患者の症例を見たり、指導医の下で実際の病気を見たり治療について臨床経験を積むことで、より正確な治療が出来たり、実際の現場で必要になる多くのことを学ぶ。

部品: 正確で速い判断

漢方医は正確な診断を速く行えるように日々心掛けている。大規模災害などの救援に出るときなどはこの正確さや速度が求められるからである。

部品: 調剤知識

漢方医は患者にあわせた調剤もできなければならない。ある程度の漢方薬の一般化はできるが、患者にあわせた細やかな調合をすることでより効果を得られる。そのため調剤に関する知識をもっている必要がある。

部品: 手先の器用さ

漢方薬を調合するには細やかな調合が必要である。また外科的な処置をするときも間違いなく行うには手先の器用さが求められる。

部品: 粘り強さ

漢方医は医療職として、目の前の患者にたいして、どんなにひどい状態であろうとも、またどんなに長い時間を治療についやそうともあきらめない粘り強さが求められる。

部品: くじけない心

医師であれば、力及ばず、命を救えなかった場面に出会うことも多い。そんなときでも次の患者のためにくじけず心を切り替えて医療を行う心が求められる。

部品: 自制心

ここでいう自制心とは、心に動揺がおこった場合、心を静めて平常心を取り戻すよう努力することである。動揺した心では患者を救うことはできないからである。

部品: 息抜きのための趣味

漢方医は心身ともに激務である。健康を保つため、倫理に反しないような趣味を持っている。手先の器用さを生かして彫刻をしたり、植物を育てたり、様々なことで息抜きをしている。

部品: 見なりを整える。

信頼されるためには、髪やひげ、着衣などの身なりを整えることが重要である。またそれにより、異物が混入したりするなどの事故も防ぐ。

部品: 調剤道具

生薬を混ぜやすくするために両手包丁や押切包丁、はさみなどで切る。粉にするために生薬にあわせて鉄製乳鉢、ガラス製乳鉢、薬研などを用い、ふるいをとおして仕上げる。

部品: 調量器

正しい分量を量るために、上皿さおはかり、上皿台秤、上皿天秤などを使用する。正し計量から正しい薬効が生まれるからである。

部品: さじ

計量したり、生薬を加えたり、丸めたりするために使う。計量は慣れると大きな誤差なく調剤が可能となるので、それができるまで訓練する。

部品: 軟膏用具

軟膏板の上にへらを用いて薬剤を追加したり、練りこんで作る。基本は金属へらで調合するが、酸性薬など金属で反応するものは角製を用いる。

部品: 清潔な布

患部に当てるだけではなく、細く割いた布を巻いて止血したり、大きな布で三角巾を作り固定したりと布は欠かせない。

部品: かまどや鍋

煮沸消毒をするために、かまどや鍋を用いることも多い。出先ではかまどを組むことも多く、その技術も取得している。

部品: 清潔な刃物

体内の異物をとりのぞいたり、治療のために、清潔な刃物を治療に使用することもある。こちらは煮沸消毒などで清潔を保っている。

部品: 清潔な縫合セット

縫い針や糸など、患部を縫合するのに必要なセットを持ち歩いている。縫合することで傷がくっつきやすく、雑菌が入りにくくなる。

部品: 漢方薬

漢方医は、緊急の場合に備えていくつかの漢方薬を常に持ち歩いている。これにより急な患者に対応できるようにしている。

部品: 清潔な衣類の着用

清潔な服装をすることで感染をふせぐため、重要である。そのため何枚も着替えを用意したり、対策をとっている。



提出書式


 大部品: 漢方医 RD:31 評価値:8
 -大部品: 漢方医の心得 RD:7 評価値:4
 --部品: 生涯学習
 --部品: 物理域への理解(まぜるな危険)
 --部品: 資質の向上
 --部品: 人格尊重
 --部品: 公共性
 --部品: 医療に関する法の順守
 --部品: 自然を守る
 -大部品: 知識 RD:8 評価値:5
 --部品: 6年間の漢方医学生活
 --大部品: 医学知識 RD:6 評価値:4
 ---部品: 人体への理解
 ---部品: 東洋医学の基礎知識
 ---部品: 地域医療実習
 ---部品: 生薬に対する知識
 ---部品: 臨床実習で得た経験
 ---部品: 正確で速い判断
 --部品: 調剤知識
 -大部品: 漢方医として必要なこと RD:6 評価値:4
 --部品: 手先の器用さ
 --部品: 粘り強さ
 --部品: くじけない心
 --部品: 自制心
 --部品: 息抜きのための趣味
 --部品: 見なりを整える。
 -大部品: 漢方医の道具 RD:10 評価値:5
 --部品: 調剤道具
 --部品: 調量器
 --部品: さじ
 --部品: 軟膏用具
 --部品: 清潔な布
 --部品: かまどや鍋
 --部品: 清潔な刃物
 --部品: 清潔な縫合セット
 --部品: 漢方薬
 --部品: 清潔な衣類の着用
 
 
 部品: 生涯学習
 漢方医はつねに医学の知識と技術の習得に努めるとともに、その進歩、発展に尽くす。つまり生涯を通じての学びの姿勢が求められる。
 
 部品: 物理域への理解(まぜるな危険)
 世界に存在する物理域について理解し、西洋医学や魔法医学と混ぜると危険なことを知り、西洋医学の医師と協力はするが混ぜないようにする。
 
 部品: 資質の向上
 医師とは命を左右する職業である。そのことを深く理解し、職業の尊厳と責任を自覚し、教養を深め、人格を高めるよう心がける。
 
 部品: 人格尊重
 漢方医は医療を受ける人びとの人格を尊重し、やさしい心で接するとともに、わかりやすい説明を心がけ、医療を受ける人びとが理解しやすいようにする。
 
 部品: 公共性
 誰でも病気や怪我をすることがある。漢方医は医療が社会全体に開かれていることを理解し、そうあるように努める。そのため医業にあたって営利を目的としない。
 
 部品: 医療に関する法の順守
 信頼される漢方医は漢方医としての法を守るのは当然である。そしてそれが患者や漢方医のためにもなるのだ。
 
 部品: 自然を守る
 漢方医は自然の恵みを用いて医療を行う。そのため自然について詳しくなり、その保全や保護のため力を尽くしている。植樹などを行ったり、採取に行った際の自然の状況についてよく見て、政庁に知らせたりしてくれている。
 
 部品: 6年間の漢方医学生活
 漢方医になるには、指定された6年制の大学校で漢方医として必要な単位を取得し、臨床実習を行ったうえで国家試験を受ける必要がある。
 
 部品: 人体への理解
 漢方医も医師であるので人体や精神について知っていなければならない。健康な状態にはどうなのかということを知ることで診断が行えるからである。
 
 部品: 東洋医学の基礎知識
 気血水理論、陰陽五行理論、表裏と虚実など、東洋医学について理解を深め、知識を自分のものにしていなければ診断にならないのでしっかり学んでいる。
 
 部品: 地域医療実習
 漢方医になるためには実習も欠かせない。地域にいる漢方医の診察の様子を見ることで、医療現場の実際の様子を知り学問に対する理解を深めていく。
 
 部品: 生薬に対する知識
 漢方薬は、天然に存在する薬効をもつ産物から有機成分を精製することなく体質改善を目的として用いる生薬を用いることが多々ある。そのため薬草や鉱物など生薬に関する知識は欠かせない。
 
 部品: 臨床実習で得た経験
 多くの患者の症例を見たり、指導医の下で実際の病気を見たり治療について臨床経験を積むことで、より正確な治療が出来たり、実際の現場で必要になる多くのことを学ぶ。
 
 部品: 正確で速い判断
 漢方医は正確な診断を速く行えるように日々心掛けている。大規模災害などの救援に出るときなどはこの正確さや速度が求められるからである。
 
 部品: 調剤知識
 漢方医は患者にあわせた調剤もできなければならない。ある程度の漢方薬の一般化はできるが、患者にあわせた細やかな調合をすることでより効果を得られる。そのため調剤に関する知識をもっている必要がある。
 
 部品: 手先の器用さ
 漢方薬を調合するには細やかな調合が必要である。また外科的な処置をするときも間違いなく行うには手先の器用さが求められる。
 
 部品: 粘り強さ
 漢方医は医療職として、目の前の患者にたいして、どんなにひどい状態であろうとも、またどんなに長い時間を治療についやそうともあきらめない粘り強さが求められる。
 
 部品: くじけない心
 医師であれば、力及ばず、命を救えなかった場面に出会うことも多い。そんなときでも次の患者のためにくじけず心を切り替えて医療を行う心が求められる。
 
 部品: 自制心
 ここでいう自制心とは、心に動揺がおこった場合、心を静めて平常心を取り戻すよう努力することである。動揺した心では患者を救うことはできないからである。
 
 部品: 息抜きのための趣味
 漢方医は心身ともに激務である。健康を保つため、倫理に反しないような趣味を持っている。手先の器用さを生かして彫刻をしたり、植物を育てたり、様々なことで息抜きをしている。
 
 部品: 見なりを整える。
 信頼されるためには、髪やひげ、着衣などの身なりを整えることが重要である。またそれにより、異物が混入したりするなどの事故も防ぐ。
 
 部品: 調剤道具
 生薬を混ぜやすくするために両手包丁や押切包丁、はさみなどで切る。粉にするために生薬にあわせて鉄製乳鉢、ガラス製乳鉢、薬研などを用い、ふるいをとおして仕上げる。
 
 部品: 調量器
 正しい分量を量るために、上皿さおはかり、上皿台秤、上皿天秤などを使用する。正し計量から正しい薬効が生まれるからである。
 
 部品: さじ
 計量したり、生薬を加えたり、丸めたりするために使う。計量は慣れると大きな誤差なく調剤が可能となるので、それができるまで訓練する。
 
 部品: 軟膏用具
 軟膏板の上にへらを用いて薬剤を追加したり、練りこんで作る。基本は金属へらで調合するが、酸性薬など金属で反応するものは角製を用いる。
 
 部品: 清潔な布
 患部に当てるだけではなく、細く割いた布を巻いて止血したり、大きな布で三角巾を作り固定したりと布は欠かせない。
 
 部品: かまどや鍋
 煮沸消毒をするために、かまどや鍋を用いることも多い。出先ではかまどを組むことも多く、その技術も取得している。
 
 部品: 清潔な刃物
 体内の異物をとりのぞいたり、治療のために、清潔な刃物を治療に使用することもある。こちらは煮沸消毒などで清潔を保っている。
 
 部品: 清潔な縫合セット
 縫い針や糸など、患部を縫合するのに必要なセットを持ち歩いている。縫合することで傷がくっつきやすく、雑菌が入りにくくなる。
 
 部品: 漢方薬
 漢方医は、緊急の場合に備えていくつかの漢方薬を常に持ち歩いている。これにより急な患者に対応できるようにしている。
 
 部品: 清潔な衣類の着用
 清潔な服装をすることで感染をふせぐため、重要である。そのため何枚も着替えを用意したり、対策をとっている。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "漢方医",
     "type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "漢方医の心得",
         "type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "生涯学習",
             "description": "漢方医はつねに医学の知識と技術の習得に努めるとともに、その進歩、発展に尽くす。つまり生涯を通じての学びの姿勢が求められる。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "物理域への理解(まぜるな危険)",
             "description": "世界に存在する物理域について理解し、西洋医学や魔法医学と混ぜると危険なことを知り、西洋医学の医師と協力はするが混ぜないようにする。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "資質の向上",
             "description": "医師とは命を左右する職業である。そのことを深く理解し、職業の尊厳と責任を自覚し、教養を深め、人格を高めるよう心がける。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "人格尊重",
             "description": "漢方医は医療を受ける人びとの人格を尊重し、やさしい心で接するとともに、わかりやすい説明を心がけ、医療を受ける人びとが理解しやすいようにする。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "公共性",
             "description": "誰でも病気や怪我をすることがある。漢方医は医療が社会全体に開かれていることを理解し、そうあるように努める。そのため医業にあたって営利を目的としない。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "医療に関する法の順守",
             "description": "信頼される漢方医は漢方医としての法を守るのは当然である。そしてそれが患者や漢方医のためにもなるのだ。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "自然を守る",
             "description": "漢方医は自然の恵みを用いて医療を行う。そのため自然について詳しくなり、その保全や保護のため力を尽くしている。植樹などを行ったり、採取に行った際の自然の状況についてよく見て、政庁に知らせたりしてくれている。",
             "type": "parts"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "知識",
         "type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "6年間の漢方医学生活",
             "description": "漢方医になるには、指定された6年制の大学校で漢方医として必要な単位を取得し、臨床実習を行ったうえで国家試験を受ける必要がある。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "医学知識",
             "type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "人体への理解",
                 "description": "漢方医も医師であるので人体や精神について知っていなければならない。健康な状態にはどうなのかということを知ることで診断が行えるからである。",
                 "type": "parts"
               },
               {
                 "title": "東洋医学の基礎知識",
                 "description": "気血水理論、陰陽五行理論、表裏と虚実など、東洋医学について理解を深め、知識を自分のものにしていなければ診断にならないのでしっかり学んでいる。",
                 "type": "parts"
               },
               {
                 "title": "地域医療実習",
                 "description": "漢方医になるためには実習も欠かせない。地域にいる漢方医の診察の様子を見ることで、医療現場の実際の様子を知り学問に対する理解を深めていく。",
                 "type": "parts"
               },
               {
                 "title": "生薬に対する知識",
                 "description": "漢方薬は、天然に存在する薬効をもつ産物から有機成分を精製することなく体質改善を目的として用いる生薬を用いることが多々ある。そのため薬草や鉱物など生薬に関する知識は欠かせない。",
                 "type": "parts"
               },
               {
                 "title": "臨床実習で得た経験",
                 "description": "多くの患者の症例を見たり、指導医の下で実際の病気を見たり治療について臨床経験を積むことで、より正確な治療が出来たり、実際の現場で必要になる多くのことを学ぶ。",
                 "type": "parts"
               },
               {
                 "title": "正確で速い判断",
                 "description": "漢方医は正確な診断を速く行えるように日々心掛けている。大規模災害などの救援に出るときなどはこの正確さや速度が求められるからである。",
                 "type": "parts"
               }
             ],
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "調剤知識",
             "description": "漢方医は患者にあわせた調剤もできなければならない。ある程度の漢方薬の一般化はできるが、患者にあわせた細やかな調合をすることでより効果を得られる。そのため調剤に関する知識をもっている必要がある。",
             "type": "parts"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "漢方医として必要なこと",
         "type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "手先の器用さ",
             "description": "漢方薬を調合するには細やかな調合が必要である。また外科的な処置をするときも間違いなく行うには手先の器用さが求められる。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "粘り強さ",
             "description": "漢方医は医療職として、目の前の患者にたいして、どんなにひどい状態であろうとも、またどんなに長い時間を治療についやそうともあきらめない粘り強さが求められる。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "くじけない心",
             "description": "医師であれば、力及ばず、命を救えなかった場面に出会うことも多い。そんなときでも次の患者のためにくじけず心を切り替えて医療を行う心が求められる。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "自制心",
             "description": "ここでいう自制心とは、心に動揺がおこった場合、心を静めて平常心を取り戻すよう努力することである。動揺した心では患者を救うことはできないからである。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "息抜きのための趣味",
             "description": "漢方医は心身ともに激務である。健康を保つため、倫理に反しないような趣味を持っている。手先の器用さを生かして彫刻をしたり、植物を育てたり、様々なことで息抜きをしている。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "見なりを整える。",
             "description": "信頼されるためには、髪やひげ、着衣などの身なりを整えることが重要である。またそれにより、異物が混入したりするなどの事故も防ぐ。",
             "type": "parts"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "漢方医の道具",
         "type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "調剤道具",
             "description": "生薬を混ぜやすくするために両手包丁や押切包丁、はさみなどで切る。粉にするために生薬にあわせて鉄製乳鉢、ガラス製乳鉢、薬研などを用い、ふるいをとおして仕上げる。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "調量器",
             "description": "正しい分量を量るために、上皿さおはかり、上皿台秤、上皿天秤などを使用する。正し計量から正しい薬効が生まれるからである。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "さじ",
             "description": "計量したり、生薬を加えたり、丸めたりするために使う。計量は慣れると大きな誤差なく調剤が可能となるので、それができるまで訓練する。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "軟膏用具",
             "description": "軟膏板の上にへらを用いて薬剤を追加したり、練りこんで作る。基本は金属へらで調合するが、酸性薬など金属で反応するものは角製を用いる。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "清潔な布",
             "description": "患部に当てるだけではなく、細く割いた布を巻いて止血したり、大きな布で三角巾を作り固定したりと布は欠かせない。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "かまどや鍋",
             "description": "煮沸消毒をするために、かまどや鍋を用いることも多い。出先ではかまどを組むことも多く、その技術も取得している。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "清潔な刃物",
             "description": "体内の異物をとりのぞいたり、治療のために、清潔な刃物を治療に使用することもある。こちらは煮沸消毒などで清潔を保っている。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "清潔な縫合セット",
             "description": "縫い針や糸など、患部を縫合するのに必要なセットを持ち歩いている。縫合することで傷がくっつきやすく、雑菌が入りにくくなる。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "漢方薬",
             "description": "漢方医は、緊急の場合に備えていくつかの漢方薬を常に持ち歩いている。これにより急な患者に対応できるようにしている。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "清潔な衣類の着用",
             "description": "清潔な服装をすることで感染をふせぐため、重要である。そのため何枚も着替えを用意したり、対策をとっている。",
             "type": "parts"
           }
         ],
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]