依頼者名:15-00295-01:乃亜・クラウ・オコーネル:ナニワアームズ商藩国
さま
イベント名:院内散歩




乃亜さんの可憐さにめろめろになりながら書きました。
ハリーさんのかわいくうろたえる姿がかけているといいのですが・・・。

ほのぼの分を補充(+みぽりんの趣味)でオマケをつけました。
ご笑納くださると嬉しいです。


口調など気になるところがございましたら直させていただきますので、お気軽にお申し付けくださいませ。



院内散歩



どうかしたのだろうか

病室のベッドに腰掛けながら最愛の人を部屋に迎え入れたハリーは、気づかれぬように乃亜の様子を窺う。
看護士に案内されて病室を訪れた乃亜は・・・。そう。どこかおかしかった。
肩に力が入って、どこか呆けて、それでいて顔が赤い。
乃亜が部屋に来るまでの間どんなことがあったのか。世界の情勢が不安定であることもありきっと行方がわからなくなっているだろうハリーの捜索を決意していたり、きっと幾日もかかるだろう困難やハリーの生死をも覚悟していたり、それなのにまさかすぐ居場所がわかり事態のなりゆきに目を白黒させていたり、とどめとして、ハリーのことを看護士に「ああ、あのハンサムさん」などと言われたために乃亜の乙女回路がオーバーヒート寸前なことなんて、ハリーは知らない。
看護士にお礼を言ったあと、乃亜はハリーに話しかけてきた。

「怪我、か?   具合は、どうだ・・?」
「びっくり、している、」

幼子のようなたどたどしさ。
問題ないと返答しながらハリーは思った。
やはり様子がおかしい。
「大丈夫・・・か?しゃべりかたが変だが」
もしかしたら体の具合でも悪いのではないかと思いながら尋ねる。

「あなたが病院にいるので、 いまちょっと、たぶんうろたえている」

乃亜の言葉にハリーは微笑んだ。
うろたえているのか。だから様子がおかしかったわけか。
頬に触れながら伝える。

「大丈夫。休養だ」

確かめるように瞳を見る乃亜。
「ちゃんと休めば、治るのか?」
「・・・・・・・・・ごめんなさい。  色々、大変なことばかり、


乃亜の瞳に翳りをみて、ハリーは安心してもらえるように言葉をつむぐ。
「いや。もう、大丈夫だ。ただ、休養を命じられて」
「心配させて済まない。連絡はいれていたつもりだったが」

「うん・・。  え、・・・そ、そうだったのか、すまない」

慌てて詫びる乃亜にハリーも慌てる。
乃亜に届いていない可能性なんて考えもしなかった。

「いや。手紙・・・だったんだが」
「ああう、  ごめん、 受け取ってないようだ。  ・・・でも、よかった・・・」

手紙が届いていなかったのならなおさら心配だっただろう。
乃亜の心労を思い、そして今ほっとする様子をみてハリーは微笑んだ。
今ハリーの元気な姿をみて、乃亜も納得したはずだ。
そのうえでこれまでの心労を労わるにはどうしたらいいのか考えて、空の青さと気持のいい風を思い出す。
外気に触れて気分を変えるというのはどうだろう。
そう思い、提案する。


「散歩にでかけないか」

「行く」

乃亜は笑顔で同意した。







ゆるい風が頬をなでてゆく。薄い水色の空。
ハリーはこれで乃亜の心が少しでも和らぐとといいのだがと思いながら歩く。
恋人達が珍しいのだろう。
ハリーは患者や看護士たちの好奇な視線を感じ苦笑した。
「歩いても、大丈夫か?」
後をついてくる乃亜が、体を気遣い尋ねる。

そのとき・・・。
乃亜はそっと自分の上着を握りしめ、何故だか少し顔を伏せ、少し考えたかと思うと何事もなかったかのようにハリーのほうをみた。
まさか乃亜が、外気に体がさわらないか心配したり自分の上着が小さすぎてハリーに貸せないことに気づいて一瞬落ち込んだり外気が上着が必要ないくらいだったので気をとりなおしたりしたなんて気づかないハリーは、様子をみてうろたえる。
本当に今日はどうしたというのだろう。

「大丈夫だ、調子は悪くない」

ハリーは歩きながら答える。
むしろ乃亜のほうが具合がわるいのではないだろうか。
そんなふうに思いながら乃亜を見る。
乃亜は看護士の様子に人気者だなとちょっと笑った後、「そうか、 よかった」と心底安心したような顔でハリーを見上げてきた。
ああ、これも心配からくるものだったのかと思い当たる。
ならこれで不安もとけたはずだとハリーはほっとする。
そして彼女の言葉を少しだけ、訂正する。
「自分は、余り面白い人物ではない」
「きのせいだろう」


「欲しいものとか、足りないものなどあるだろうか?」 
「? ハンサムさんだと言われていたぞ?  あなたは、素敵な人だ」

何故か不思議そうな顔をする乃亜。
数日で戻るから、たりないものはないことを話した後、言葉を続ける。
「ハンサムと言うことに関しては・・・ひどい誤解だろう。自分は知的ではない」


そこで考えこむ乃亜。
おかしい。自分は何か変なことを言ったのか?何が貴方にそんな顔をさせる?
ハリーは乃亜を気遣う。

「ええと、 あの、

乃亜を見つめながら、彼女の言葉を待つ。


「入院してるとは思ってなくて、
  差し入れ、しようかと食べ物持ってきてしまってたのだが、 ・・・・置いて行ったら叱られそう、・・か?」


ああ、差し入れの心配をしていたのか。
思いあたる乃亜の不安を一つずつほぐしてゆくハリー。

「いや。食べたいな」

「貴方の料理を、自分は愛している」


丁寧に作られた数々の料理。
どれもが彼女の真摯な人柄とハリーへの愛を感じさせる。

ハリーの言葉にほっとしたように笑う乃亜。


「あ、あり、がとう・・・」
「ちゃんと少し味見してきたから、たぶん大丈夫と思う。」

はにかんだような可憐な笑みをみせる乃亜にハリーは微笑んだ。
ハリーを見て、乃亜が恥ずかしそうに言葉を続ける。


「・・・・・・・うれしい」



乃亜のしぐさや言動から、あふれんばかりの喜びや愛情や気遣いや優しさを感じる。
どうすれば姫君に還せるのだろうか。どうしたらもっと微笑んでくれるだろうか。



「……お礼ができればいいんだが」

自分に何ができるだろうかと思いながらハリーは言葉にする。



「あなたが、居てくれるだけで、私は嬉しい。  ・・何も出来ないのに、
「離れずにいてくれて、 ありがとう」


あまりに可愛い乃亜の言葉にハリーは微笑んだ。
頭をなでる。



「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・お礼なら、  ええと、今度、  ・・はりーさんの作ったご飯が食べたい・・・」

従順しくなでられながら、乃亜が言った。

私の作った食事か。
しばらく料理をしていないことに気づく。
姫君の料理にこもった愛情の量は半端ではない。
きっと鈍っている自分の腕で、それに返答できるだけの愛情を料理に込めることができるのだろうか。
かなり難しいように感じた。

しかし姫君が望むなら是非かなえてみたいと思った。


「・・・」

「・・・・・・・・・・・えーと、 難題・・?」


沈黙に不安そうにする姫君に力強く語りかける。


「できるのかまったく自信はないが」
「挑戦してみよう」

乃亜はハリーを見上げて嬉しいと笑った。
この笑顔を守るためならどんなことだってできる。


乃亜は少し考えて、ハリーに近づくと、頬にそっとキスを落とした。
頬に残る、小さなぬくもり。


返礼にハリーは乃亜のやわらかい唇にキスした。


そして、キスしたときの姫君の反応と乃亜の様子がずっとおかしかったことに気づき慌てる。


「・・・すまない」








料理を作ろう。
久しぶりに包丁を研いで、新鮮な食材を調達して。


貴方の愛には及ばないかもしれないが、貴方が望むなら力の限り努力をしよう。
貴方は何がお好きだろうか。
飲物は決まっている。
貴方の好みにあわせた、ストロングなミルクティ。


乃亜、私の姫君よ。

拙いながらも、私の愛を貴方の御許(みもと)へ。


そうしたら貴方は憂いをぬぎすてて、輝く笑顔をみせてくれるだろうか。







<おまけ>

ナニワアームズ商藩国にあるハリーの部屋を訪ねた青の厚志(いやアーシュラ・アツシ・リアティといったほうがいいだろうか)は、通されたキッチンを見てあっけにとられる。
キッチンのいたるところに並べられたミルクティ。
複数のカップからほわりと湯気がたっている。
「どうしたの?これ」
「ああ実は、ミルクティの研究をしていてね」
ハリーは病院での出来事を話した。



本人いたって真面目に正確に話しているのに糖度が多い、いや、ノロケにすら聞こえるのはやっぱり恋バナだからだろうかと考えて、アーシュラは嬉しそうに笑う。
自分にも思い当たるこの感情。
好きっていいよね。

「アーシュラは何を笑っているのか。私は真剣なのだが」
意味不明なアーシュラの笑顔に不機嫌なハリー。
ノロケになっているなんて思ってもいないんだろうなと思いながらもごめんと謝るアーシュラ。
しかし目はわらったままだったのでハリーは憮然とした。
「ごめんね、ところで…」
笑いをこらえながら、話題を変える作戦に出る。
「ミルクティはいいとして、料理は何を作るのかもう決めたの?」
「いや・・・」
アーシュの言葉に目をそらして答えるハリー。
彼女は何が好物なのだろう。
考え込むハリーにアーシュラが助け舟を出す。
「彼女は今まで、どんなものを作ってきたの?」
得意料理から好きなものを絞り込む作戦である。
「シチュー・・・。ソーダパンも焼いてきてくれた。ケーキも美味だった」
そこで、ハリーはつまった。

「ハリーの故郷の料理だね」
アーシュラの言葉にハリーはうなづく。
「ハリーに喜んでほしくて作ってきてくれたんだ」


「だったら今度はハリーが、彼女の故郷の料理を作るのはどう?」
発想の転換。
ハリーは目をぱちくりさせ、それから少し考えてみると笑った。
アーシュラはナニワアームズ商藩国の郷土料理や名産品を思い浮かべる。
地底怪獣か・・・。
塩釜で丸焼きにするのは難しいかな。でもできなくはなさそうだ。
新鮮なものを求めるなら採りにいくのがよさそう。
「もし食材調達なんかで手が足りなかったら声かけて。手伝うよ」
そしてがんばれとハリーの背中をばんと叩く。

ハリーは友情に感謝した。



結局ハリーが愛しい姫君のために何を振舞うのかは、次のお楽しみである。